ポルシェ 640psエンジン搭載の「カイエンターボGT」の予約受注を開始

ポルシェジャパンは2021年6月30日、傑出したドライビング・ダイナミクスと日常の使いやすさを兼ね備えた新型「カイエンターボGT」の予約受注を開始しました。

新型カイエンターボGTに搭載される4.0L V8ツインターボエンジンは最高出力640psを発生。最大トルクは850Nmで、0-100km/h加速タイムは3.3秒(0.6秒短縮)をマークし、最高速度は300km/h(14km/h増加)に達します。

さらにスポーティーなフォルムを備えた4シータークーペのカイエンターボGTには、モデル専用に特別に開発されたシャシーシステムとハイパフォーマンス・タイヤが標準装備されています。

ポルシェのテストドライバーであるラース・ケルンはカイエンターボGTのステアリングを握り、20.832kmのニュルブルクリンクのノルドシュライフェを7分38.9秒で一周し、新たな公式SUVレコードを打ち立てました。

新型カイエンターボGTは、カイエンターボ・クーペと比べて車高が最大17mm低く、そのためサスペンションは専用設計されており、ハンドリングとパフォーマンスを最適化しています。

その一例として、3チャンバー式エアサスペンションの剛性が最大15%向上し、ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)のダンパー特性、パワーステアリングプラスおよびリヤアクスルも最適化されています。

ポルシェダイナミックシャシーコントロール(PDCC)アクティブ制御ロール安定化システムは、専用チューニングされ、その結果、ロールの安定性とロードホールディングがさらに向上し、高速コーナリングでの精確なターンインが実現しています。

専用開発された新しい22インチピレリPゼロ・コルサ・タイヤは、ターボクーペと比較してフロントホイールは1インチ広く、ネガティブキャンバーは0.45度増加。より大きな接地面を備えます。さらに、ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)システムも標準装備されています。

新型カイエンターボGTのツインターボV8エンジンは、ポルシェで最もパワフルな8気筒ユニットです。クランクシャフトドライブ、ターボチャージャー、直噴インジェクション、吸気システム、インタークーラーの面積などがすべてアップグレードされています。

つまりターボGT専用のV8エンジンは、クランクシャフト、コネクティングロッド、ピストン、タイミングチェーン駆動、ねじり振動ダンパーなどの基本的なパーツ類がターボ・ クーペのV8とは異なり、640psに増加した最高出力に合わせて設計されているわけです。

クイックシフトの8速ティプトロニックSとポルシェトラクションマネジメント(PTM)システムも専用チューニングされています。またトランスファーケースのウォータークーラーも追加されています。

中央にテールパイプを備えた標準装備のスポーツエグゾーストシステムは、カイエンターボGT専用です。リヤサイレンサーを含む車両中央からのエグゾーストシステムは、軽量で特に耐熱性に優れたチタン製で、センターサイレンサーを削除したことで、さらなる軽量化も実現しています。

エクステリアでは、ユニークなフロントビューを形成するスポイラーリップと大型サイドクーリングエアインテークを備えたGフロントエプロンを装備。流線型のカーボンルーフとブラックのホイールアーチエクステンションは、ネオジムの22インチGTデザイン・ホイールとともに、サイドビューを精悍に見せています。

ルーフスポイラーの縦方向に取り付けられたカーボンサイドプレートはGT専用です。これによって、最高速度でのダウンフォースが最大40kg増加。リヤビューは、印象的なカーボンディフューザーパネルが特長です。

インテリアは、充実した装備とアルカンターラ製トリムにより高い質感を備えています。シートはフロントが8ウェイ・スポーツシート、リヤは独立タイプの2席式スポーツシートを標準装備。

インフォテイメントでは、より性能を向上させ、新しいユーザーインターフェース、新しいオペレーティングロジックを備えた次世代ポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)システムがカイエンターボGTで初めて市場に投入されます。もちろんApple CarPlay、Android Autoに対応したシステムとなっています。

価格

ポルシェ カイエン 関連記事
ポルシェ 関連記事
ポルシェ・ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る