【V8再燃】ポルシェ V8ツインターボを搭載した「カイエンGTS」の受注開始

ポルシェジャパンは2020年6月12日、圧倒的な走り、卓越したダイナミック性能と高級感を兼ね備えV型8気筒ツインターボエンジン搭載の新型カイエンGTSと新型カイエンGTSクーペの予約受注を開始しました。

モデル概要

従来のGTSモデルには3.6LのV6ツインターボ エンジンが搭載されていましたが、このニューモデルではV8型エンジンが採用されています。この4.0LツインターボエンジンはGTS専用にチューニングされ、最高出力460ps、最大トルク620Nmを発生し、極めて高い動力性能を発揮することはいうまでもありません。

カイエン GTS

スポーツクロノパッケージを装備した新型カイエンGTSは、0-100km/hに加速は4.5秒、最高速度が270km/h。ローダウンされた操縦安定性重視のシャシー、GTS専用のデザイン、充実した装備が新しいGTSの魅力です。

カイエン GTSクーペ

4.0L V8ツインターボエンジン

新型カイエンGTSは、カイエンのフラッグシップ「カイエンターボ」のために開発した4.0L V8ツインターボエンジンを搭載しており、先代モデルと比較すると最高出力が20ps、最大トルクが20Nm向上。これにより新世代のカイエンGTSの動力性能は大幅に向上しました。

専用チューニングされた4.0L V8ツインターボ

同時に効率をさらに高めることも重視され、最適化された8速ティプトロニックS、アダプティブシリンダーコントロール(気筒休止)、250barのセンターインジェクション方式の直噴システム、インテリジェント設計の潤滑、冷却システムを採用しています。

2個のターボはVバンクの間に装備

このGTSモデルのNEDC複合サイクル燃費は、11.4〜11.2L/100kmです。もちろんカイエンGTSクーペも共通の仕様となっています。

燃焼室中央に250barで噴射する直噴システムを装備

このエンジンと合わせて、感動的なサウンドを実現するためにスポーツエグゾーストシステムが専用設計されています。テールパイプをリヤの左右に配したこのエグゾーストシステムは、高周波がチューニングされ、個性豊かでスポーティなサウンドを奏でることができます。この中央に配置される2本のオーバル形テールパイプは、カイエンGTSクーペのみに装備されます。

スポーツ仕様のシャシー

カイエンGTSのシャシーは、優れたハンドリングと高い横Gを両立するために専用チューニングされています。標準仕様のスチールスプリング サスペンションは車高を20mmローダウンし、アクティブ制御のポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)を組み合わせています。このほかに、ポルシェトルクベクトリングプラス(PTV Plus)も標準装備されます。

標準仕様の21インチRSスパイダー デザインホイールや、ねずみ鋳鉄製の大径ブレーキ(フロント390×38mm、リヤ358×28mm)、さらにはレッドでカラーリングされたブレーキキャリパーにより、このGTSモデルはSUVセグメントに属しながらも本物のスポーツカーに匹敵する俊敏性や制動力を実現しています。

さらに制動性能を高めるために、タングステンカーバイド コーティングのポルシェサーフィスコーテッド ブレーキ(PSCB)や、ポルシェセラミックコンポジット ブレーキ(PCCB)などのオプションを選択することもできます。このほかにも、車高を10mmローダウンする3チャンバーエアサスペンション、リヤアクスル ステアリング、さらにアクティブ制御のロールコントロールシステム「ポルシェ ダイナミックシャシーコントロール システム(PDCC)」などがオプションとして設定されています。

デザインと装備

標準装備されるスポーツデザイン パッケージは、ブラックでカラーリングされた数々のアクセントによって独特のエクステリアを生み出しています。

カイエンGTSモデルは、サテングロスブラックの21インチRSスパイダーデザイン ホイールを標準装備とするほか、ポルシェダイナミック ライトシステム(PDLS)を搭載したLEDヘッドライト、LEDテールライトバーにはダークカラーのティンテッド加工処理が加えられています。

さらに、フロントのエアインテーク、サイドウインドウトリム、スポーツエグゾースト システムのテールパイプ、リヤのモデル名とポルシェロゴは、全てがブラックで統一されているのも特徴です。

インテリアではルーフライニング、シートのセンターパネル、センターコンソールアームレスト、ドアに採用されているアルカンターラや、ダークブラッシュド仕上げのアルミニウムといった高品質な素材の採用により、スポーティかつエレガントに仕上げられています。

標準装備されるこのモデル専用設計の8ウェイ スポーツシートは、ダイナミックなコーナリング時でも高さのあるサイドボルスターがドライバーの体を最適にサポートします。

フロントドア、ドアシル、レブカウンター、ヘッドレストにはGTSのロゴが刻まれ、ひと目でGTSモデルであることがわかります。

さらに多様なユーザーの好みに適合させるために用意された数々のオプションの中には、GTSインテリアパッケージが含まれ、装飾ステッチなどのアイテムに、カーマインレッドまたはクレヨンのカラーもアクセントとして選択することができます。

他のカイエン シリーズと同様に、日本仕様のカイエンGTSはアダプティブクルーズコントロール、レーンチェンジアシスト、サラウンドビュー付パークアシスト、コンフォートアクセスなどなど、日本市場以外ではオプションとなる多くの装備を標準で搭載していることも特長です。

価格

                       
カイエンGTS (8速ティプトロニックS)右ハンドル:1682万円(税込み)
カイエンGTSクーペ (8速ティプトロニックS)右ハンドル:1752万円(税込み)

ポルシェ カイエン 関連記事
ポルシェ 関連記事
ポルシェ・ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る