ポルシェ「Bonsai 356」を展示 55年製の356でわびさびを表現

ポルシェジャパンは2022年10月31日、ポルシェ 356を素材にした現代アーティストとのコラボレーション作品「Bonsai(ボンサイ) 356」を11月18日(金)~20日(日)の期間、渋谷パルコへ展示すると発表した。なおポルシェのブランド体験施設「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」でも現在公開中。さらに、この作品を手掛けた現代アーティストであるダニエル・アーシャムが期間中に日本へ来日し、ポルシェジャパンが展開するオリジナルPodcast「Bucket List-Driven by Dreams-」(2022年11月23日、30日公開)にも出演する。

「Bonsai 356」は、1955年製のポルシェ356スピードスターをベースに、スチール材料をむき出しに日本の美意識「わびさび」を表現した現代アーティストであるダニエル・アーシャムが手掛けた駆動可能な作品だ。クルマの製造の歴史に寄り添いながら、クルマの経年変化や摩耗を明らかにするために約2年間の制作期間をかけている。不完全なものを受け入れ、時の流れの中に安らぎを見出すことは、Bonsai356の削ぎ落とされたメタルの外装と藍染めの内装の両方で表現されている。

外装は、塗装をすべて剥がし、溶接部やピットマーク、時間の経過による自然な摩耗をそのままに、日本の製造工程に基づき、亜麻仁油の層のみが金属素地を風雨から守っている。リヤのエンジングリルには、盆栽を模したパテンドブロンズのレリーフが追加され、ヘッドライトカバーからナンバープレートまで、使い込まれたオリジナル部品を使用している。すべての機能部品が工場出荷時のレベルにまでレストアされており、Bonsai356は走行可能であることも注目点だ。

インテリアには、日本のファッションデザイナーである小木“Poggy”基史氏と藤原裕氏とともに、日本の伝統的なファブリックで構成。運転席と助手席、そしてトランクカバーには、藍染めのパッチワークのテキスタイルを使用し、ドアトリムやシートの縁には、藍染の綿布を縫い付けたアレンジを施している。

そして最後のファブリックとして、ルーフを覆う日本製のデニムが製作されている。これら3つのファブリックは、使い込むほどに味わい深くなる素材を選び、クルマ全体が持つわびさびをさらに強調。

トランクルームのスペアホイールの下には、畳が置かれており、通常、居住空間の床材として使用される住宅建築の結びつきは、わびさびのような「おもてなし」への作家の憧れ、つまりお客様を迎え入れる温かさを表現するためのディテールとなっている。

ダニエル・アーシャムは、「356は、ヘリテージブランドの原点として、ポルシェの中でも非常に興味深い位置にあります。70年近い歴史を持つこの車には、私たちが知っている現代のポルシェブランドのルーツが、最も純粋な形で含まれているのです」と語っている。

・Bonsai 356」(ボンサイ 356)作品展示
渋谷パルコ 1F 公園通り側入り口前:2022年11月18日(金)~20日(日) 11:00-21:00
       (*雨天の場合、展示は中止)
ポルシェスタジオ銀座  2022年11月21日(月)~11月27日(日)
ポルシェスタジオ日本橋 2022年11月28日(月)~12月4日(日)

・ポルシェジャパン・オリジナルPodcast「Bucket List-Driven by Dreams-」:https://www.porsche.co.jp/sp/dreamerson/bucketlist/

アーティスト、アスリート、起業家などをゲストに迎えた約30分間のPodcast番組。ホストはシャウラ・ヴォーグとポルシェジャパン マーケティング&CRM部 執行役員 前田謙一郎が担い、各回ゲストを招き、夢にまつわるエピソードや考え方に関するクロストークを配信する。

ポルシェ 関連情報
ポルシェ・ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る