「ポルシェ×プーマ」のスニーカーが日本限定カラーで500足限定販売

ポルシェジャパンは2022年9月8日、ポルシェ911カレラRS 2.7の誕生50周年を記念したコラボレーションスニーカー「ポルシェ×プーマ スウェード RS 2.7リミテッド エディション」の日本限定カラー500足を9月11日(日)から販売を開始すると発表した。

「ポルシェ×プーマ スウェード RS 2.7リミテッド エディション」は、高い人気を博したポルシェ911カレラRS 2.7をモチーフにして限定生産されるスニーカーだ。

911カレラRS 2.7は、1972年のパリモーターショーでデビューし、ポルシェ911で初めて「カレラ」の名を与えられ500台が生産されたこの特別なモデルはきわめて高い人気を博した。「RS」はドイツ語でモータースポーツを意味し、「2.7」は水平対向6気筒エンジンの排気量を表している。最高速度は当時のドイツ製の市販車両では最速の245km/hという記録を残し、日本国内では今もなお“ナナサンカレラ“の愛称で親しまれている名車だ。

この特別なスニーカーには911カレラRS 2.7発売当時のラインナップ(10色)が各色500足限定で用意され、その中の2色、「オレンジ/ブラック」はオランダ、「グランプリホワイト/ブラック」が日本での限定販売となる。スニーカーのサイドには、ポルシェロゴとシリアルナンバーが刻まれており、甲部をおおうベロ部分には、ドイツ シュトゥットガルトにあるポルシェミュージアムのチケット(2022年12月31日まで1度の訪問が無償で有効)が記されているという超希少で、コレクターアイテムにもなるスニーカーだ。

「ポルシェ×プーマ スウェード RS 2.7リミテッド エディション」スニーカー

販売開始日:2022年9月11日(日)
展開数量:グランプリホワイト/ブラック(日本限定カラー)500足
販売店舗:ポルシェ正規販売店、ポルシェスタジオ
     (正規販売店一覧 https://www.porsche.com/japan/jp/dealersearch/
サイズ:24cm〜32cm
価格:2万2700円(税別)

ポルシェ 関連情報
ポルシェ・ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る