ポルシェ エキスペリエンスセンター東京が正式オープン

ポルシェジャパンは2021年10月1日、千葉県・木更津市に造成した世界で9番目となるドライビング体験の専用施設「ポルシェ エキスペリエンスセンター東京」を正式にオープンした。オープン・セレモニーには木更津市長、千葉県知事からも祝辞が寄せられ、ポルシェジャパンのミヒャエル・キルシュ社長らがテープカット・セレモニーを行なった。

オープニングセレモニーに列席した左から関本清人所長、ミヒャエル・キルシュ社長、田中幸子木更津市副市長

この新しいドライビングコースは、50億円以上を投資し、木更津市の丘陵部に43ヘクタールという広い敷地面積を確保し、木更津市の自然や日本らしい風景を生かしながら世界のサーキットの有名なコーナーの要素を取り入れたドライビングコースとブランド体験ができる場所としている。

施設全景

施設は全長2.1kmの周回コース、低摩擦ハンドリングコース、オフロードコース、フルブレーキやスラロームなどを体験できるダイナミックエリア、走行する車両のタイヤを路面上の油圧プレートを動かして強制的にスピン状態にするキックプレート、ドリフト走行を維持できる低摩擦路面のドリフト定常円などの走行施設が揃っている。

ブラインドコーナー、アップダウンの多い難易度の高い周回コース

2.1kmの周回コースは丘陵の地形を生かしたアップダウンがあり、ブラインドコーナーが続くというニュルブルクリンクブルのような高度な作り込みが行なわれ、さらにニュルブルクリンクのカルーセルや、ラグナセカのコークスクリューなども再現されている。

またコースに併設された建屋では、カフェ、レストラン、ポルシェ・セレクションストアなど様々なポルシェ車で世界のサーキット走行を体験できるシミュレーターラボがあり、さらにミーティング、研修、イベントを開催できる会議室なども設けられている。

眺望のよい高台にある建屋

建屋の外観は伝統工芸である江戸切子をモチーフにしたデザインとするなど、和のテイストを取り入れているのが特長だ。

世界のサーキット走行を体験できるシミュレーターラボ
レストラン「The 906」

このポルシェ ドライビングエキスペリエンス東京ではインストラクターによるドライビングスキルの向上プログラム、同乗走行など多くの種類のドライビング向けプログラムが用意されている。

施設概要

名称:ポルシェ ドライビングエキスペリエンス東京
場所:千葉県木更津市伊豆島字中ノ台1148-1
WEBサイト:https://porsche-experiencecenter-tokyo.jp/
ドライビングプログラム予約:https://porsche-experiencecenter-tokyo.jp/login

ポルシェ通り

また、ポルシェ ドライビングエキスペリエンス東京がオープンした10月1日から市道125号線の一部1kmが木更津市との契約により「ポルシェ通り:Porsche Strasse」(ポルシェ・ストラッセ)と命名された。このネーミングライツの契約期間は2021年10月1日から2026年9月30日までの5年間で、これは輸入車(外国メーカー車)ブランドとして初の実績となる。

またポルシェジャパン独自の包括的なCSRプログラム「Porsche. Dream Together」を2020年11月に立ち上げ、木更津の環境保護や地域連携を深める活動を推進している。

この活動により、災害が発生した際に木更津市に協力をする協定書を2021年9月30日付で締結。さらに、木更津市で有機栽培された米を木更津市内の小中学校へ提供する「木更津有機米学校給食プロジェクト」への協力や、11月21日に開催される千葉県在住者を対象としたチームランニングイベント「ブルーベリーRUN」では、ここポルシェ・エクスペリエンスセンター東京を会場として提供し、約1000人のランナーが参加する予定となっている。

ポルシェ 関連情報
ポルシェ・ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る