プジョー「リフター」に3列シート/7人乗りのロングモデル登場

ステランティス・ジャパンは2023年1月20日、SUVのスタイルで乗用車に勝るとも劣らない走行性能を融合させたプジョーのMPV(マルチ・パーパス・ヴィークル)「リフター」に3列シート/7人乗り仕様の「RIFTER LONG(リフター ロング)」を追加し発売した。

リフターは、プジョーらしい端正なフロントフェイス、前後左右のフェンダーのクラッディングが生み出す筋肉質な造形、SUV系モデルがもつアドバンスドグリップコントロールを装備するなど、オフロードにも対応するスタイルと走行性能を併せ持つSUVテイストのMPVで、2020年11月の国内導入以来、独自の存在感で好評を博している。

今回追加されたリフター ロングは、全長4760mm(標準モデル比+355mm)、全幅1850mm(+−0mm)、全高1900mm(+20mm)、ホイールベース2975mm(+190mm)と日本の道路事情にもマッチする使い勝手のよいサイズだ。また、車両重量は1700kg(+50kg)と軽量に抑えられている。

使い勝手のよいサイズでありながら3列シート/7人乗りを実現。リフターが本来備えている高いデザイン性や走行性能はそのままに、3列目シートを外せば、最大2693Lもの大容量のラゲッジスペースを生み出すことができる。そして、レジャーや仕事などあらゆる用途に適応できるよう、スライドドアと3列シートを兼ね備えている。

グレードは、リフターの上級グレードであるGTをベースとした「リフター ロング GT」。基本的な装備はベースモデルに準じている。プラットフォームとしてはプジョーのベストセラーSUV、3008および5008と同じEMP2を採用。ノーマルをはじめ、悪路走破性を高めたスノー、サンド、マッド、ESC OFFの5つのモードに切り替えが可能で、トラクションコントロールをベースにプログラミングされた最新システム、アドバンスドグリップコントロールを搭載しており、不整路面でも走行が可能だ。

内装の素材とカラーはファブリックのブラウン・ツートーンで、5シーターのリフターGTと同一の仕様。3列目シートは、前後スライド(最大130mm)することで大人も着座できる実用性を備えている。また、3列目シートは折りたたみと取り外しが可能で、2列目シートを併せてフラットに折りたたむことにより、広大な荷室を生み出すことができる。

一方、3列目シートを最後端までスライドした状態においても、複数のバッグなどを搭載可能な荷室スペースを確保。荷室の最大容量は、標準リフターが約2,120Lに対し、リフター ロングでは約2,700Lと大幅に増加している。ホイールベースとリヤオーバーハングの延長により、2列目シートを使用する状態での利便性も高めている。また、3列目を取り外し、2列目を格納して1列目(助手席)を最も前方にスライドした状態での最大荷室長は2230mm(欧州計測値)となる。

パワートレインは、ベースモデルと同様、定評のある先進の1.5LのクリーンディーゼルエンジンDV5型(アイドリングストップ付き)に電子制御8速オートマチックトランスミッション(EAT8)を組み合わせ、低回転からの高トルク、最新の排気浄化システム(酸化触媒、SCR選択還元触媒、DPF微粒子フィルター)による高い環境性能で、エコカー減税対象となっている。

価格

リフター ロングの発売を記念して、デビューイベントが開催される。リフター ロングを含めたラインアップ及びプジョーが提唱する「ALLURE」の世界観を体感できる内容である。

◎日時:2023年1月21日(土)〜22日(日) 10:00〜19:00
会場:軽井沢ショッピングプラザ 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢 
   https://www.karuizawa-psp.jp/
問合わせ:PEUGEOT CALL 0120-840-240 (09:00-19:00 年中無休)

◎日時:2023年2月4日(土)〜5日(日) 10:00〜19:00
会場:テラスモール湘南 神奈川県藤沢市辻堂神台1-3-1
   https://shonan.terracemall.com/ 
問合わせ:PEUGEOT CALL 0120-840-240 (09:00-19:00 年中無休)

またリフター ロングの登場に合わせ、ビューティ&ユース・ユナイテッドアローズ(BY)とのコラボレーションを展開する。大人の想像力を広げるリフター ロングとBYがタッグを組み、Tシャツをはじめとしたコラボアイテムを展開。上記イベントで展示される。

プジョー リフター 関連記事
プジョー 関連記事
プジョー 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る