プジョー 電気自動車「e-208」「e-2008」仕様変更で航続距離がアップ

ステランティス・ジャパンは2022年4月6日、プジョーの電気自動車「e-208」、「e-2008」の仕様を変更し、電費効率を改善して1充電あたりの走行距離を延長したことを発表した。

今回の仕様変更では1回当たりの充電走行距離を延長し、それによりCEV補助金の増額を達成している。また、ガソリンエンジンモデルと同様に、新デザインのオートマチックセレクターを採用したことで操作性が向上し、センターコンソールまわりのデザイン、スペース効率を改善するなど、BEVとしての使い勝手とともに、コンパクトカーとしての実用性を高めている。

航続距離の延長は、ギア比の変更、ヒートポンプの効率改善により実現し、e-208は現行380kmから395kmへ15kmアップ (WLTCモード)、e-2008は360kmから380kmへと20kmアップ (WLTCモード)している。この結果、令和3年度補正予算「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」の、電気自動車の補助金は従来の55万4000円から上限の65万円が交付されることになった。

価格

プジョー 208 関連記事
プジョー 2008 関連記事
プジョー 関連記事
プジョー 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る