メルセデス・ベンツ ハイパフォーマンスモデルの「メルセデスAMG GLB35 4MATIC」を追加

メルセデス・ベンツ日本は2021年1月12日、SUVのGLBシリーズに、ハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GLB35 4MATIC」の受注を開始ししました。デリバリーは1月末が予定されています。

303psを発生する4気筒2.0Lターボを搭載

GLBは2020年6月にデビューした新しいモデルで、スクエアなエクステリアデザインと高い悪路走破性を持つ本格的なSUVでありながら、広い室内空間に7人乗車が可能で、しかも日本の都市部でも取り回しのよいボディサイズのモデルです。

今回追加された「メルセデスAMG GLB35 4MATIC」は、「メルセデスAMG35シリーズ」として6番目のモデルとなります。306psという高出力なエンジンを搭載し、4輪駆動システムと組み合わせ、シャシーの補強や専用のサスペンションのセッティングなどにより、高次元のドライビングパフォーマンスを実現しつつ、快適性も損なうことがないように開発されています。

エンジンは2.0Lの直列4気筒ターボエンジン「M260」型が搭載され、最高出力306ps、最大トルク400Nmを発生。このエンジンは低回転域での強力なトルクと中高回転域での伸びやかな加速感を両立させるため、ツインスクロールターボチャージャーや可変バルブリフトシステム「CAMTRONICカムトロニック」を採用しています。

組み合わされるトランスミッションは「AMGスピードシフトDCT」(8速デュアルクラッチトランスミッション)です。

トルク可変配分4WDシステム「AMG 4MATIC」は、最大限のトラクションと走りの楽しさを両立。トルクの前後配分は、電子制御の油圧制御多板クラッチにより状況に応じて前後100:0から50:50まで連続可変制御されます。

なおESPがオンの場合は、4MATICシステムは「コンフォート」モードに固定されていますが、ボタンを押して「ESP Sスポーツハンドリング」または「ESPオフ」を選択すると、すぐに4MATICが「スポーツ」モードに切り替わり、俊敏性が向上します。

スポーツ性を強調したデザイン

エクステリアはメルセデス・ベンツモデルのAMGラインをベースにし、フロントには、下側の幅が広く、縦にルーバーが入ったAMG専用ラジエターグリルを採用。またフロントエプロンはジェットウイング デザインとしています。

リヤは専用デザインのクローム仕上げで、円形のデュアルエグゾーストエンドを装備しています。

インテリアのコックピットディスプレイは「スーパースポーツ」を含む3種類のAMG専用の表示スタイルから選択可能になっています。

オプションの「AMGパフォーマンスパッケージ」を選択するとフラットボトム型のナッパレザー/ダイナミカの「AMGパフォーマンス ステアリング」が装着されます。グリップ部にダイナミカを採用し、ブラックのステアリングマークが施されたスポーティなデザインになっています。

またこのモデルはナビパッケージを選択すると「AMGトラックペース」も装備されます。このシステムはサーキット走行時に80件以上の車両データ(車速、加速度など)を常時記録することが可能で、さらにラップタイムと区間タイムの表示や、それぞれの基準タイムからの差を表示する機能なども備えています。

価格

メルセデス・ベンツ GLEクラス 関連記事
メルセデス・ベンツ 関連記事
メルセデス・ベンツ日本 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る