【メルセデス・ベンツ】Gクラスにクリーンディーゼル搭載モデルを追加

クリーンディーゼル搭載のG350ブルーテック。Gクラスとしては23年ぶりのディーゼルモデル投入

メルセデス・ベンツは、最高級クロスカントリーのGクラスに、クリーンディーゼルエンジンを搭載した「G350 BlueTEC(ブルーテック)」を追加。発売は2013年9月25日から、納車開始は2013年11月下旬を予定している。

このG350ブルーテックは、Gクラスとして23年ぶりとなるディーゼルエンジンモデルの導入で、高い動力性能と環境適合性を両立している。3.0リッターV型6気筒BlueTECエンジンは、ピエゾインジェクターを用いたコモンレールダイレクトインジェクションやVNT(バリアブルノズルタービン)ターボチャージャーなどの先進テクノロジーを採用。最高出力211ps、最大トルク540Nmをマークする。

3.0LのV型6気筒ディーゼルエンジンを搭載
燃料の横には尿素水溶液(Ad Blue)用の給油口

 

また排出ガスに尿素水溶液AdBlue(アドブルー)を噴射して化学反応(還元作用)を発生させ、有害な窒素酸化物(NOx)を大幅に削減。日本のディーゼル排出ガス規制に適合する優れた環境性能を実現した。

またこのG350ブルーテックは右ハンドルを採用し、1000万円を切る価格設定(989万円)によりGクラスのエントリーモデルとしての役割も担う。

右ハンドルの設定でよりユーザーターゲットが広がったGクラス

 

 

■メルセデス・ベンツGクラス価格表


メルセデス・ベンツ公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る