マセラティ史上初の電動レーシングカー!フォーミュラEへの参戦車両を発表

2022年12月6日マセラティはイタリア・モデナで、マセラティMSGレーシングからABB FIAフォーミュラE世界選手権シーズン9に参戦するマセラティ史上初の電気自動車レーシングカー「マセラティ・ティーポ・フォルゴーレ Gen3」のマシンカラーリングを発表した。

マセラティは、フォーミュラEに参入する初のイタリア自動車ブランドとなり、マセラティは本拠地のモデナで「マセラティ・ティーポ・フォルゴーレ」の発表を行なった。マセラティの象徴であるブルーとトライデントを強調した「マセラティ・ティーポ・フォルゴーレGen3」は、高性能、高効率を追求する最先端技術を駆使し、サーキットから公道へ革新をもたらすEVプラットフォーム「Race Beyond (レース・ビヨンド)」を採用している。

この新しいマシンカラーリングは、現代的でピュアな印象で、先端のノーズにはマセラティのトライデントマークが、バルクヘッドの両側にはイタリアン・トリコローレを含むマセラティ・コルセのロゴが配されている。

Gen3は、フロントとリヤのパワートレインが最大600kWの回生電力を供給することができ、95%の電力効率により、レースで使用されるエネルギーの40%以上を回生ブレーキだけでまかなうことができる、これまでで最も高効率なフォーミュラEマシンだ。また、フォーミュラEで培われるサーキットでの知識、技術、ソフトウェアは、今後の競争力の鍵となり、間もなく導入されるハイエンドなEVロードカーとして登場するフォルゴーレ・シリーズに引き継がれることになる。

マセラティ・ティーポ・フォルゴーレは、まもなくスペインのバレンシアでプレシーズン・テストを行ない、2023年1月14日にメキシコシティのアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス・シティでシリーズ開幕戦を迎えることになる。

マセラティ 関連情報
マセラティ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る