【マセラティ】マセラティ・グランツーリズモ試乗 乗るたびに感動がある不思議なクルマ レポート:九島辰也

マニアック評価vol184

柔らかなラインのデザインはピニンファリーナの手によるもの

いまマセラティは覚醒している。クアトロポルテをフルモデルチェンジしサイズアップを図った。そしてその下にギブリの名を付けたミッドサイズサルーンを設け、4ドアモデルのラインアップを再構築しようとしている。メインマーケットは北米。すでに東海岸を中心にかなりのディーラー網を発達させてきた。では2ドアモデルはどうか??現在彼らは4シーター2ドアモデルを有する。ここで紹介するグランツーリズモがそれだ。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る