ランドローバー フルサイズSUV「ディスカバリー」2022年モデルの受注を開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年7月8日、フルサイズSUV「ディスカバリー」の2022年モデルの受注を開始しました。

2022年モデルでは、大幅な改良が加えられ、搭載エンジンは3.0L 直列6気筒インジニウム・ディーゼルエンジン(最高出力221kW/300ps、最大トルク650Nm)と3.0L 直列6気筒インジニウム ガソリンエンジン(最高出力265kW/360ps、最大トルク500Nm)の2種類をラインアップし、いずれもベルト・インテグレーテッドスターター/ジェネレーター(BiSG)とリチウムイオンバッテリーで構成される48Vのマイルドハイブリッドを採用しています。

エクステリアでは、LEDヘッドライトやテールライト、フロントグリル、バンパー(フロント/リヤ)のデザインを変更し、「ディスカバリー」のキャラクターと力強さをより強調。

インテリアも3列目シートを標準装備とし、2列目シートの形状、シートクッションの角度や厚みを改善し、7人の乗員が快適に過ごせる空間としています。さらに、ダイナミックな外観と洗練された内装を備えたグレード「R-DYNAMIC」を追加設定しています。

装備では、「ディスカバリー」初搭載となる3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、クリアイグジットモニター、リヤコリジョンモニター、リヤトラフィックモニターなどのドライバー支援システム、さらに最新インフォテインメント・システム「Pivi Pro」を標準装備しています。

「Pivi Pro」に付帯するオンラインパックには、専用の通信データプランが用意されており、施設情報やガソリン価格、マップデータの取得をはじめ、音楽、天気、カレンダーなどのコネクテッドアプリを、スムーズで快適な通信環境下で、データ容量を気にすることなく使用することができます。

さらに、多機能な空気浄化システムをオプションで新たに設定し、車外の空気の状況や車内のCO2量をモニタリングし、必要に応じて内気循環を作動させたり、エアコン動作時にマイナスイオンを発生させたり、PM2.5や花粉、バクテリアなどのアレルゲン物質を取り除くフィルターをつけるなどが可能になっています。

価格

ランドローバー ディスカバリー 関連記事
ランドローバー 関連記事
ランドローバー 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る