ランドローバー 「ディスカバリー スポーツ」21年型モデルの受注開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2020年12月10日、プレミアム コンパクトSUV「ディスカバリー スポーツ」の2021年モデルの受注を開始しました。

2021年モデルは、エンジンのラインアップを刷新し、従来から2.0L直列4気筒インジニウム ガソリンエンジン(P200:最高出力200ps/最大トルク320Nm、P250:最高出力249ps/最大トルク365Nm)に加え、新たに最高出力204ps、最大トルク430Nmを発揮する最新の2.0L直列4気筒インギニウム ディーゼルエンジンをラインアップしています。このエンジンはマイルドハイブリッド(MHEV)を採用し、燃費向上させるとともに24ps出力を向上させる役割を果たしています。

また、ディスカバリー スポーツならではの多用途性に加え、安全性や利便性、快適性を向上。3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、クリアイグジットモニター、リヤコリジョンモニター、リヤトラフィックモニターなどのドライバー支援システムを標準装備化しています。

さらに最新インフォテインメント システム「Pivi」を標準装備しています(グレード「S」以上は「Pivi Pro」)。

「Pivi Pro」に付帯するオンラインパックには、専用の通信データプランが用意されており、施設情報やガソリン価格、マップデータの取得をはじめ、音楽、天気、カレンダーなどのコネクテッドアプリをスムーズで快適な通信環境下で、データ容量を気にすることなく使用することができます。

また多機能な空気浄化システムをオプションで新たに用意し、車外の空気の状況や車内のCO2量をモニタリングし、必要に応じて内気循環を作動させたり、エアコン動作時にマイナスイオンを発生させたり、そしてPM2.5や花粉、バクテリアなどのアレルゲン物質を取り除くフィルターをつけるなど、よりクリーンな車内環境を実現することができます。

エクステリアカラーは、新色のハクバシルバーが追加され、全11色に。また、2021年モデルも日本市場向けに厳選した装備を搭載した「CURATED SPEC(キュレーテッド スペック:推奨仕様車)」を5種類を設定しています。

価格

キュレーテッド スペック価格

ランドローバー ディスカバリー スポーツ 関連記事
ランドローヴバー 関連記事
ランドローバージャパン 公式サイト


ページのトップに戻る