ランドローバー75周年記念「ディフェンダー 75TH リミテッドエディション」発表

ランドローバー本社は2022年9月15日、1948年のアムステルダムモーターショーで「ランドローバー シリーズ I」を発表してから2023年で75周年を迎えるにあたり、その誕生を記念した特別仕様車「ディフェンダー 75TH リミテッドエディション」を発表した。日本には、225台限定で導入され9月15日〜10月16日の期間で受注を受け付けることになった。

ディフェンダー 110 75TH リミテッドエディション

この特別仕様車のボディタイプは、「ディフェンダー 90」または「ディフェンダー 110」から選択可能で、上位グレードの「HSE」がベースになっている。パワートレインは、「110」にはマイルドハイブリッドテクノロジー(MHEV)を採用した、3.0Lの直列6気筒インジニウム・ディーゼルエンジン、「90」には2.0Lの直列4気筒インジニウム・ガソリン・エンジンを搭載している。

ディフェンダー 90 75TH リミテッドエディション

「ディフェンダー 75TH リミテッドエディション」は、ディフェンダーとして初となるアイコニックなグラスミアグリーンを専用エクステリアカラーとして採用し、さらに20インチ・アロイホイールとホイールセンターキャップも同色に仕上げている。そして、75周年グラフィック、セレスシルバーのバンパー、プライバシーガラスなども装備されている。

インテリアも、グラスミアグリーンパウダーコートブラッシュドフィニッシュのクロスカービームやレーザーエッチングディテールが施されたエンドキャップを採用。エボニーレジストシート、センターコンソールサイドのホッケースティックは、最も頑丈なファブリックであるロバステックを使用している。

その他の装備は、3Dサラウンドカメラ、コンフィギュラブル・テレインレスポンス、メレディアン・サウンドシステム、マトリックスLEDヘッドライト、11.4インチの大型タッチスクリーンを備えたインフォテインメントシステム「Pivi Pro」、ヘッドアップディスプレイ、ワイヤレスデバイスチャージングなどの先進機能も充実。

さらに、ファブリックルーフ(格納式)、14ウェイ電動フロントシート(ヒーター&クーラー付き)、ステアリングホイール (ヒーター付)、3ゾーンクライメートコントロールなど装備している。

「ディフェンダー 75TH リミテッドエディション」はコレクターズ・モデルでもあるが、その発売を記念した、新しいランドローバー・ライフスタイルグッズも発表されている。これらのグッズも、グラスミアグリーンをテーマしており、2本のストラップが特徴的なミニマルなウォッチ、機能的なバックパック、75周年グラフィックやディテールを配したウェア類など、幅広いラインアップが取り揃えられている。

価格

ランドローバー ディフェンダー 関連記事
ランドローバー 関連記事
ランドローバー 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る