世界で25台 ランドローバー「旧型ディフェンダー」ベースの限定モデル

ランドローバー・クラシック部門は2022年8月5日、本格クロスカントリーSUVの旧型「ディフェンダー」が世界中で成し遂げてきたオフロード走破と探検のヘリテージに敬意を表し、「クラシック ディフェンダー ワークス V8 トロフィーⅡ」を世界で限定25台の限定モデルとして発表し、受注を開始した。

旧型ディフェンダーをベースに開発された「クラシック ディフェンダー ワークス V8 トロフィーⅡ」

また、この限定モデルは車両購入者限定のエリオット・ブラウン社製コンペティターズエディション・ウォッチが付属しており、同時にこのモデルにインスパイアされた限定ウォッチを1000本も発売される。

1000本のみ販売されるエリオット・ブラウン限定時計

「クラシック ディフェンダー ワークス V8 トロフィーⅡ」のボディには、キャメルトロフィー、ファーストオーバーランド、G4チャレンジなど、これまでランドローバーが挑んできた歴史に残る冒険の場所23か所を示すユニークなカモフラージュデザインを採用し、さらにこの中にはランドローバーのアイコニックなフォルムのシルエットもいくつか隠されており、ユーザーがそれを探す楽しみも盛り込んでいる。

この限定モデルは、ランドローバー・クラシックの専任チームが独自に開発したモデルで、2012年から2016年までに生産した旧型ディフェンダーをベースに、手作業で解体し、専用のチューニングを行ない、再組み立てを行なっているのだ。

ジャガー・ランドローバー、スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)のマネージング・ディレクターのマイケル・ヴァン・デル・サンデ氏は、「このディフェンダーはこれまで走破してきた過酷な各地をオマージュし、ランドローバーの探検のヘリテージを称えるユニークなエクステリアにしています。世界限定25台はすべて当社の情熱を持った専門チームが、調達から、組み立て、再調整をする精魂込めた車両です。お客様には極めて希少な車両を提供するだけでなく、特別に企画したランドローバートロフィーコンペティションにおいて、ご自身の車をテストできるというユニークな機会もご用意しています」と語っている。

この限定モデルの購入者は、この希少なコレクターズカーを所有できるということだけでなく、2回目の開催となる、3日間のランドローバートロフィーコンペティションに参加することができる。

ランドローバートロフィーは、同じようなアドベンチャー好きのユーザーが集まり、いつまでも続く友情を築いたり、思い出を作ったり、思い思いに楽しむことができる忘れられないイベントだ。

参加者はエキスパートの指導を受けながら、ランドローバーの有名なグローバルアドベンチャーのような、ポイント制オフロードチャレンジに参加し、3日間のコンペティションの後には、最優秀チームが選ばれる。参加者は生涯の思い出を作り、このモデルならでは方法で自身のクルマと向き合い、理解を深めることができるのだ。

この限定モデルはランドローバーの5.0Lの自然吸気V8ガソリンエンジンを搭載し、最高出力405ps、最大トルク515Nmを発生。トランスミッションは8速ZFオートマチックを組み合わせている。さらにサスペンションやブレーキ、ステリングをアップグレードしたうえで再組立てをしている。

AWD駆動、2段副変速機、ヘビーデューティ用フロント/リ屋ディファレンシャル、LSDセンターディファレンシャルを装備。サスペンションは前後ともリジッドアクスルで、フロントはパナールロッド付き、リヤはAリンク、トレーリングリンクと組み合わせている。

ボディタイプは「90」、「110」ステーションワゴン、「トロフィー」モデルとしては初となる「110」ダブルキャブピックアップもラインアップ。25台のうち、ダブルキャブピックアップは5台のみで、残りの20台は「90」。「110」ステーションワゴンに振り分けられる。

エクステリアは、ブラックとホワイトを基調に、ランドローバー・スペシャル・ビークルのデザインチームが開発したユニークなカモフラージュデザインが特徴となっている。ボディカラーはフジホワイト、ルーフは対照的なナルヴィクブラック、エクステリアパーツはリベット、ネジ、ベントなど細部に至るまでのグロスブラックで仕上げている。さらに、18インチ・ソウトゥースアロイホイールもグロスブラック仕上げとなっている。

オールテレイン性能を強化するため様々なエクステリア装備を追加している。フロント部ではビスポークのフロントグリルの前にはウィンチを内装した保護Aフレームがあり、ブラックのボンネットには外光が明るい時のまぶしさを軽減するサテン仕上げにし、パワフルなフルワイドLEDライトバーで夜間の悪路走行でも最高の視認性を実現している。

渡河性能は水深500mmまで可能で、さらにリヤリカバリーポイント、ロックスライダーと外部ロールバーを装備することでボディ保護性能を強化。エクスペディション・ルーフラックへの荷物の上げ下ろしを行なうためのリヤラダーとともに、「トロフィー」バッジやマッドフラップのホワイトロゴマークなどの細かなアクセントも採用している。

レカロ製スポーツシートは、コントラストステッチの入った上質なブラック&ホワイトのツートンのウィンザーレザー張りで、サポート性と快適性を両立。またダッシュボード、ドア、ヘッドライニングは手作業のレザー仕上げとなっている。

インフォテイメントは、ナビゲーションとモバイルデバイスとのコネクティビティを統合した、ランドローバー・クラシックの最新システムとし、オリジナルのダッシュボードに最新のマルチメディアオプションを組み込むことができる。そしてZF制ATギアボックス用にランドローバーの人間工学に基づいたシフトレバーを採用している。

インテリアの仕上げには、ダッシュボードの中心部分に、エリオット・ブラウンによるビスポークのランドローバートロフィーの時計をレイアウトし、この時計にもエクステリアのカモフラージュデザインが反映されている。

またこの限定モデルとは別に、自身が所有するディフェンダーを「クラシック ディフェンダー ワークス V8 トロフィーⅡ」のようにモディファイしたいユーザー向けに、純正アクセサリーを2022年後半に発表する予定としている.

今回発表された限定モデルの本体価格は、「90」の場合で英国では22万5000ポンド(現在の為替レートで3670万円)からとなっている。

ランドローバー ディフェンダー 関連記事
ランドローバー 関連記事
ランドローバー 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る