ランドローバー 日本市場向け仕様もある新型「ディフェンダー」の正式受注開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2020年4月6日、本格的SUVの新型「ディフェンダー」の受注を4月9日から開始すると発表しました。新型「ディフェンダー」は、2019年11月から先行予約モデル「ディフェンダー ローンチ・エディション」と「ディフェンダー スタートアップ・エディション」の受注を開始していましたが、今回からは正式のカタログモデルとしての受注です。

*関連記事 【フランクフルトモーターショー2019】ランドローバー 新型「ディフェンダー」をワールドプレミア

日本市場向けに、「ディフェンダー」、「ディフェンダー SE」をベースにした5種類の仕様CURATED SPEC(キュレイテッド・スペック)を設定しています。ショート・ホイールベースの「ディフェンダー90」にはファブリックシート仕様、レザーシート仕様、ロングホイールベースの「ディフェンダー110」にはファブリックシート+5人シート仕様、ファブリックシート+7人シート仕様、レザーシート+7人シート仕様)を用意しています。

なおこのキュレイテッド・スペック以外に、「S」、「SE」、「HSE」という基本的なグレードは設定されています。そして、さらに多様なカスタム化が可能で、170種類もの豊富なアクセサリーから、目的や好みに合わせた装備を選択できます。またオプション装備を組み合わせた4種類のアクセサリーパック「エクスプローラー・パック」、「アドベンチャー・パック」、「カントリー・パック」、「アーバン・パック」も設定されています。

価格

Twitter:https://twitter.com/autoprovenet
facebook:https://www.facebook.com/autoprovepage/
Youtube:https://www.youtube.com/user/autoprove/

ランドローバー ディフェンダー 関連記事
ランドローバー 関連記事
ジャガー・ランドローバー 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る