ジープ 南国をイメージした限定車「ラングラー・アンリミテッド・アイランダー」を発売

FCAジャパンは2021年5月13日、ジープの本格オフローダー「ラングラー・アンリミテッド」に、南国のビーチが似合う個性的な内外装の限定車「ラングラー・アンリミテッド・アイランダー」を発表し、5月22日から発売を開始します。

「アイランダー」は1988年に初代ラングラー(YJ型)をベースに登場した歴史があり、開放感に満ちた南国のビーチを想起させる遊び心あふれるスタイルで人気を博しました。そのアイランダーが3代目のJK型で設定されて以来、約10年ぶりに復活することになりました。初代やJK型アイランダーからそのセンスを受け継いだ独自の世界観に満ちたモデルです。

エクステリアは、涼し気な青系のボディカラー「チーフC/C」(限定100台)と、人気の「ヘラヤライエローC/C」(限定100台)の2色を設定。これに現行のJL型では初となるホワイトのハードトップが組み合わされ、トロピカルな印象を強調。

さらにボンネット側面とタイヤカバーにはポリネシア神話に登場するティキ(Tiki)をモチーフにジープのセブンスロットのマスクを組み合わせた独自のキャラクター、ティキ・ボブのイラストが描かれ、遊び心もアピールしています。

また爽やかな雰囲気を高める明るいシルバーの17インチアルミホイールやジープ・バッジのほか、ボディサイドには車体下部を保護するロックレールを装備しています。

インテリアは、エクステリアと統一感のあるセラミックホワイトのインストルメントパネルや、アイランダー・ロゴとサーフブルーのステッチがあしらわれた布製バケットシートを装備。さらに乗り降りする度に目に留まるMopar製ステンレス・ドアシルガードや、乗降性を高めるMopar製フロント/リヤ・グラブハンドル、車内を汚れから守るMopar製ラバーフロアマット、カーゴチューブライナーといった装備が、限定車の特別感を強調するとともにアウトドアでの利便性を高めています。

アイランダーのベースモデル「アンリミテッド・スポーツ」は、最高出力284psを生み出すパワフルな3.6L V型6気筒エンジンを搭載。センタートランスファーを備え、センターデフ、前後アクスルのロック機構を持つ本格的なオフロードAWDと組み合わせています。

LEDヘッドライト/フォグランプ、車線変更時の安全をサポートするブラインドスポットモニター、後退時に側方からの車両の接近を検知するリヤクロスパスディテクション、車庫入れ時に安心をもたらすフロント・パークアシストが追加されるなど安全機能も充実しています。

価格

ラングラー・アンリミテッド・アイランダー:550万円(税込み)

ジープ ラングラー 関連記事
ジープ 関連記事
ジープ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る