ジープ アーバントレンドに最適な「グランドチェロキー」「コンパス」に「トレイルホーク」を設定

最近のアーバントレンドに、タフな本格的オフロード車を都会でおしゃれに乗りこなすトレンドが来てます。FCAジャパンは2020年4月2日、プレミアムSUV「ジープ グランドチェロキー」とコンパクトSUVの「ジープ・コンパス」に、高いオフロード性能と洗練された内外装を装備した限定車「トレイルホーク」を設定し、4月18日から発売します。販売台数は「グランドチェロキー・トレイルホーク」が152台限定、「コンパス・トレイルホーク」が100台の限定となってます。

流行の本格SUVがアーバンスタイル

「トレイルホーク」は、ダークカラーを基調とした専用エクステリアパーツやアルミホイール、上質な専用シートなどにより、内外装をスタイリッシュに演出したモデルになっています。、さらにオフロード性能を強化したモデルに与えられる「トレイルホーク」限定車です。

グランドチェロキー・トレイルホーク

機能面では、リヤアクスルに電子制御式LSDを採用した「クォドラドライブⅡ 4×4システム」を搭載し、滑りやすい路面でも安定した走行が可能。また、急勾配の登り坂や下り坂を一定の速度で安定して走行できるセレクスピード・コントロールを備え高い走破性を気軽に引き出すことができるタフなモデルです。

エクステリアは、フロントグリルやドアミラーカバーにナチュラルグレーのアクセントカラーを採用。さらにマットブラックのボンネットデカール、ピアノブラックのベルトモール、専用18インチアルミホイールを装備し精悍なデザインで仕上げています。

さらに、レッドの牽引フックやTrail Ratedのバッジや、レッドのアクセントカラーをあしらったナチラルグレーのJeepバッジとGrand Cherokeeバッジも備え、本格オフローダーの血統を感じさせるスタイルが完成しています。

インテリアはレザーとスウェードのインサートを組み合わせたTRAILHAWKのロゴ入りシートを採用。さらにレッドステッチをあしらったインテリアアクセントにより上質なインテリアになっています。

設定されるボディカラーは、グラナイトクリスタルメタリックC/C(限定74台)、ダイアモンドブラッククリスタルP/C(限定68台)、ヴェルベットレッドP/C(限定10台)の3色です。

価格

グランドチェロキー・トレイルホーク:674万円(税込み)

コンパス・トレイルホーク

悪路を極低速で走破するための「アクティブドライブロー」を搭載しました。また急な下り坂を一定の低速で降りられるヒルディセントコントロールも備えるなど、高いオフロード性能に仕上げてあります。車体にはフューエルタンクやフロントサスペンション、トランスミッションなど基幹部品を衝撃から保護するスキッドプレートが装備され、タフなスタイルが印象的です。

エクステリアは、 ダークグレーのアクセント付ブラックグリルや、ダークグレードアミラー、ダークグレールーフレールなどで精悍さを強調し、レッドのTrail Ratedバッジも備え抜群の走破性をアピールしています。

インテリアは、レザーとファブリックを組み合わせたTAILHAWKロゴ入りコンビネーションシートを採用し、レッドステッチ入りのインテリア・アクセントがアクティブさをイメージさせます。ラゲッジ・スペースにはアウトドアギアの積載に便利なリバーシブルカーゴフロアや、ラバーフロアマットを採用し実用性にも優れています。

ボディカラーには、通常モデルには設定のないグレーマグネシオメタリックP/C(内装色ブラック)を採用しています。

価格

コンパス・トレイルホーク:422万円(税込み)

Twitter:https://twitter.com/autoprovenet
facebook:https://www.facebook.com/autoprovepage/
Youtube:https://www.youtube.com/user/autoprove/

ジープ グランドチェロキー 関連記事
ジープ コンパス 関連記事
ジープ 関連記事
ジープ 公式サイト
FCA 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る