ジャガー 限定20台の特別仕様車「F-PACE SVR エディション 1988」発売

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2022年6月17日、ハイパフォーマンスSUV「F-PACE」の限定20台の特別仕様車「F-PACE SVRエディション 1988」の受注を開始した。

「F-PACE SVRエディション 1988」は、ジャガー・ランドローバーのパーソナライゼーションを専門に行うスペシャリストチームのSVビスポークが、1988年に世界スポーツプロトタイプ選手権で優勝した「XJR-9」の成功にちなんで作り上げた特別仕様車だ。

0-100km/h加速は4.5秒、最高速度286km/hの動力性能を生み出す5.0L・V型8気筒スーパーチャージド・ガソリンエンジン(550ps/700Nm)を搭載したジャガー最高峰のパフォーマンスSUV「F-PACE SVR」をベースに世界で限定394台を生産するもので、そのうちの20台が日本市場に割り当てられた。

この特別仕様車は、特別に配合されたミッドナイトアメジスト(グロスフィニッシュ)のエクステリアに、シャンパンゴールドサテンフィニッシュの22インチ鍛造アロイホイール、テールゲートに配したサテンゴールドのジャガーリーパーとスクリプト、「エディション 1988」フェンダーバッジ、そしてインテリアにはサテンゴールドのアクセントを随所に散りばめ、限定394台中の1台であることを表す「ONE OF 394」の刻印をダッシュボードエンドキャップにレイアウトしている。

価格

F-PACE SVRエディション 1988:1760万円(税込み)

ジャガー F-PACE 関連記事
ジャガー 関連記事
ジャガー・ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る