キャデラック「プロジェクト GTP ハイパーカー」初公開 20年ぶりル・マン復帰へ

GMは2022年6月9日、アメリカを代表するラグジュアリー・ブランド「キャデラック」の名を冠した第3世代プロトタイプレースカー「プロジェクト GTP ハイパーカー」のデザインを公開した。このキャデラック プロジェクト GTP ハイパーカーは2023年から、アメリカにおけるIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権シリーズと、ル・マン24時間レースを含むFIA世界耐手権(WEC)シリーズに参戦する。

グローバル・キャデラックのロリー・ハーベイ副社長は、「キャデラックは、世界のレーシングの舞台で再び戦います。20年ぶりのル・マン復帰に私たち全員が胸を躍らせています。2023年のIMSAとWEC両選手権の参戦によって、キャデラック・レーシングは、その性能、クラフトマンシップ、テクノロジーを実証する機会となります」と述べている。

「プロジェクト GTP ハイパーカー」は、キャデラック・デザイン部門、キャデラック・レーシング、コンストラクターのダラーラ社が共同開発を行なっている。そのためキャデラック・ブランドの主要なデザイン要素が組み込まれている。例えば縦型ヘッドライトやフローティングブレードなど、キャデラックのデザイン要素が取り込まれており、一目見ただけで「プロジェクト GTP ハイパーカー」がキャデラックのレーシングカーであることが分かる。

キャデラックのエクステリア・クリエイティブ・デザイン責任者のクリス・ミカラウスカス氏は、「プロジェクト GTP ハイパーカーは、造形と機能が融合されており、キャデラックの未来のパフォーマンス美学を表現しています。これから登場するレースカーから市販車まで、キャデラックは、さらに多くのモデルを発表する予定です」と語っている。

2017年以降、キャデラックは IMSAマニュファクチャラーズ選手権に参戦して、アメリカのスポーツカーレーシングの最前線で戦っており、「キャデラックDPi-V.R」で数々の勝利を収め、表彰台に立ち、チャンピオンシップを獲得している。そしてアメリカのIMSAシリーズと、FIA世界耐久選手権シリーズの共通規則化が実現したため、いよいよ世界耐久選手権、ル・マン24時間レースに参戦が実現することになった。

GMスポーツカー・レーシング・プログラム・マネージャーのローラ・ウォントロップ・クラウザー氏は、「アメリカを象徴するブランド、キャデラックでル・マンでの総合優勝を競えることを光栄に思っています。キャデラック・レーシングの血統を受け継ぐため、国際的な強豪を相手に世界で最も過酷なレースに挑むことを、チーム全員が楽しみにしています」と語っている。

この新開発されたレーシング・スポーツカーは、新型の5.5LのV型8気筒DOHCエンジンを搭載し、LMDh規定で決められた共通ハイブリッドシステムを組み合わせて採用している。

なお、キャデラックの市販ハイパフォーマンス仕様は、Vシリーズとしてラインアップされている。スポーツセダンの「CT4-V」、「CT5-V」、「エスカレードV」、サーキット走行が可能な「CT4-V ブラックウイング」と「CT5-V ブラックウイング」もラインアップに加わるなど、ラグジュアリーだけではなく高性能スポーツモデルも展開されている。

「プロジェクト GTP ハイパーカー」は、今年夏にサーキットでのテストを開始し、デビュー戦は2023年のロレックス・デイトナ24時間レースが予定されている。

FIA世界耐久選手権では、ハイパーカー規則に合わせた自動車メーカーチームはトヨタGAZOOレーシングだけだったが、2023年シーズンは強力な自動車メーカーのワークスチームが続々参入して激戦が予想され、俄然注目すべきレースシリーズとなるはずだ。

キャデラック 関連記事
キャデラック 公式サイト
GM 関連記事
GMジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る