GM 最新EV工場「ファクトリー ゼロ」が正式オープンして操業開始【動画】

ゼネラルモーターズは2021年11月17日、改修を終えたEV(電気自動車)組立工場「ファクトリー ゼロ」にジョー・バイデン大統領を迎え、UAW(全米自動車労働組合)とUAW第22支部の幹部、工場の従業員、その他関係者が一堂に会し、グランドオープンセレモニーを開催した。これによりGMは全車種電動化に向けて動き始めた。

グランドオープンに出席したバイデン大統領

GMはデトロイトのハムトラミック工場に22億ドル(2500億円)の巨額投資をして全面改修し、多様な全電動ピックアップトラックやSUVを製造すると発表してから2年足らずで、「ファクトリー ゼロ」での生産が開始されることになった。

ハマーEVとバイデン大統領

GMの会長兼CEOのメアリー・バーラは、「GMのアメリカにおける製造専門技術こそ、私たちが全車電動化の未来を実現する鍵となります。今日はGMチーム全体にとって記念すべき一日です。私たちはお客様にとって最高品質のEVを製造するために、世界で最も優れた最先端の技術を駆使してファクトリー ゼロを改修し、完成させました」と語った。

セレモニーでスピーチするメアリー・バーラCEO

「ファクトリー ゼロ」では、ピックアップトラックの2022年型「ハマーEV(GMCブランド)」、2024年型「ハマーEV SUV」、「シボレー シルバラード EV」、「クルーズ オリジン」のほか、未公表のEVの生産が予定されており、フル稼働時には2200名以上の雇用を行なう計画だ。

「ファクトリー ゼロ」で製造されるすべてのEVは、GMのEV商品戦略の中心であるアルティウム バッテリープラットフォームをベースに生産される。アルティウム バッテリープラットフォームには、フレキシブルな車両アーキテクチャに加え、バッテリーセルからバッテリーパック、ドライブユニット、EVモーター、統合パワーエレクトロニクスなどの駆動コンポーネントが含まれ、EV生産の基盤となっている。

GMは、アルティウム バッテリープラットフォームを通じて、製造機械、工具、組立工程の共通化と合理化を図ることで、生産システムの革新も実現している。このような柔軟な製造システムにより、今後さらに組立工場が改修される場合でも、設備投資を抑え、より効率的な対応が可能だ。

トップグレードは合計出力1000psのモーターを搭載するハマーEV

GMは、新工場を建設する費用の2/3で「ファクトリー ゼロ」をEV専用工場に転換した。これは今後、GMが工場を改修する際の先例となる。GMは全車電動化へ向けての移行を進めており、新たに工場を建設せずに既存の工場を改修することで、2030年までに資本コストを最大150億ドル削減。低減できる資本コストは200億~300億ドルとなり、この資金は顧客に対応した商品やサービス、技術に対してより戦略的に再投資できることを意味する。

資金面でのメリットに加えて、EVへの移行期間中に既存の生産工場ネットワークを刷新する取り組みは、より迅速な生産を可能にすることができる。立ち上げと生産開始を早めることで、新しく革新的なEVをより短い期間で顧客に届けることが可能になるのだ。

ピックアップトラックの2022年型「ハマーEV」は2021秋に「ファクトリー ゼロ」でライン試作車両の製造が開始され、量産第1号車は、年内に顧客にに納車される予定としている。

GMグローバル・マニュファクチャリング・サステナビリティ担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントのジェラルド・ジョンソン氏は、「私たちのEVへの野心的な移行を実現するため、北米におけるEV生産能力は2025年までに20%、2030年までには50%に達する見込みです。ファクトリー ゼロは、今後世界中の工場で実施されるEV工場へのシフトのモデルになるでしょう」と語っている。

ファクトリー ゼロでは、バーチャルツールを活用し、生産技術部門と連携することで生産開始までの期間を従来の4年から2年~1年未満に短縮し、競争力をより高めることも実現している。

そしてファクトリー ゼロを支えているのは、GMのグローバル製造部門で9万人以上のスタッフで、彼らの経験を生かすことで、内燃エンジン車と同じ労働時間でEVを生産することが可能になっているのも特長だ。

ジェラルド・ジョンソンは、「人材こそがGMの真の優位性であり、これは買うことも、素早く構築することもできない強みです。ファクトリー ゼロでは、ユニットあたりのコストを抑えながら、今後のEVとAV(無人自動運転車:クルーズ・オリジン))を安全、高品質、迅速に成功させるためのトレーニングを行ない経験を積み重ねていきます」と語っている。

ファクトリー ゼロはEV組立工場として、すでに発表している2035年までに新型小型商用車からの排出ガスをゼロとし、2040年までにグローバルな製品と事業活動においてカーボンニュートラルを実現するという取り組みのために大きく貢献する。すでにEVと無人自動走行車に350億ドルを投資し、2025年までに30車種以上のEVモデルを世界市場に投入する計画だ。

またファクトリー ゼロは、工場としてもカーボンニュートラルを追求しており、旧工場の床の破砕コンクリートを工場周辺の仮設道路で再利用するなど、工場の改修で発生したほぼすべての資材をリユースまたはリサイクル材でまかなっている。

その他に雨水をリサイクルすることで排水コストを削減し、飲料水コストを相殺。また雨水を処理し、冷却塔や工場の消火システムに活用する。

工場内にはソーラーカーポート(30kW)と地上設置型ソーラーパネル(516kW)を設置するなど、太陽光発電を採用している。

その一方で、ファクトリー ゼロの敷地内にはオオカバマダラ、キツネ、シチメンチョウのすみかとなる約6・7ヘクタールの野生生物生息地を確保するなど環境に十分配慮した工場となっている。

GM 関連記事
GM 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る