フィアット500に充実装備の限定車「ドルチェ」登場

ステランティス・ジャパンは2022年9月6日、フィアットのコンパクトカー「500(チンクエチェント)」に、充実した装備と特別価格を両立した限定車「500 1.2 DOLCE(ドルチェ)」を設定し、9月17日から発売すると発表した。

この限定車「1.2 DOLCE」は、1.2L・直列4気筒エンジンを搭載する「1.2 CULT」をベースにしながら、上位モデル「TWINAIR DOLCEVITA(ツインエア ドルチェヴィータ)」相当にアップグレードした内外装や充実した装備を備えている。それでいて価格は「TWINAIR DOLCEVITA」に比べて45万円低く設定した買い得価格になっている。

エクステリアは、クロームの輝きをアクセントに上質感のある前後のバンパーをはじめ、夜間の視認性を高めるバイキセノンヘッドライト、フォグランプ、15インチ・アルミホイールなど、「DOLCE」ならではの装備により、洗練されたデザインに仕上げられている。

ボディカラーは、ボサノバホワイト(限定320台)、パソドブレレッド(同130台)、ポンペイグレー(同80台)の3色を設定。

インテリアは、ブラックとアイス(薄いグレー)を組み合わせた2トーンのシート(運転席高さ調整機能付)やトリムのほか、車両に関する情報を見やすく表示するTFTカラーメータークラスター、フルオートエアコン、5:5分割可倒式リアシート、安全な車庫入れをサポートするリヤパーキングセンサーなどの装備を充実させている。また、車内の開放感を高め、ドライブを楽しく演出する固定式ガラスルーフが装備されている。

価格

フィアット 500 1.2 DOLCE:279万円(税込み)

フィアット 500 関連記事
フィアット 関連記事
フィアット 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る