フェラーリ フロント・ミッドシップのエレガント・クーペ「ローマ」登場

フェラーリ本社は2019年11月14日、フロント・ミッドシップのエレガント・クーペ「ローマ」が登場。マラネッロ生まれのこの最新のクーペは、エレガントで洗練されたタイムレスなデザイン、フェラーリならではのドライビング・プレジャーに欠かすことのできないパワーと敏捷性を備えている

フェラーリ フロント・ミッドシップのエレガント・クーペ「ローマ」登場

伝統と洗練を両立したデザイン

「ローマ」の特長であるイタリアン・スタイルとは、1950〜60年代のローマで花開いた自由なライフスタイル、「ドルチェ・ヴィータ(甘美な人生)」を現代的に再解釈したもので、「ローマ」という車名もそれを意味している。

「ローマ」のスタイリングは、クリーンで統一感のあるフォルムだ。美しく調和したプロポーションや、バランスの取れたピュアで優美なボリューム感は、フェラーリの歴代のフロント・ミッド・エンジンのグランドツーリングカーの伝統が色濃く反映している。

最も象徴的な例である250GTベルリネット・ルッソや、250GT2+2からインスピレーションを得ながらも、現代的なアレンジを施すことで、洗練された正統派のスタイリングとなっている。

フェラーリ フロント・ミッドシップのエレガント・クーペ「ローマ」登場

ボディラインで表現されたスタイリングの純粋さを損なわずに、クラス最高のパフォーマンスを実現するため、先進技術を投入。その象徴がリヤ・ガラスと一体化した可動式リヤスポイラーだ。このスポイラーの格納時は車両のフォーマルな優美さを損なわず、高速走行時には自動で起動し、並外れたパフォーマンスに必須のダウンフォースを発生する。

左右独立のキャビン/デザイン

インテリアでは、キャビンをドライバー側とパッセンジャー側を別々の空間としてデザインする新しい手法が用いられているのが特長だ。従来はダッシュボードのみだったデュアル・コックピット・コンセプトをさらに進化させ、キャビン全体に適用している。

フェラーリ フロント・ミッドシップのエレガント・クーペ「ローマ」登場

インテリアデザインにあたっては、まずHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)がすべて見直され、新世代化されている。

ステアリング・ホイールは、「視線は路上に、手はステアリングホイールに」の理念で設計されており、車両の主要コマンドをすべてハプティック(触覚反応)コントロールで操作できるため、ドライバーはステアリングから手を離す必要がない。

必要な情報はすべて16インチのデジタル・メーターパネルに表示されるほか、8.4インチの縦型センターディスプレイと新たなパッセンジャー・ディスプレイも装備。ユーザーフレンドリーで、直感的な操作が可能となっている。また、新しいフェラーリのキーは「コンフォート・アクセス」機能を備えており、ドライバーは、フラッシュマウントの新ハンドルに隣接するボタンに触れるだけでドアを開けることができる。

V8ターボをフロント・ミッドに配置

「ローマ」は、620ps/7500rpmを発生するV8ターボ・エンジンを搭載し、セグメントで最もパワフルなモデルとなっている。このエンジンは、4年連続でインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを獲得しているV8ファミリーに属し、可変ブースト制御を採用し、鋭いスロットル・レスポンスを実現している。

また、ガソリン粒子フィルターを採用しながらもエンジン・サウンドにも細心の注意が払われ、エグゾースト・システムは完全な新設計で、サイレンサーを排して、新開発のバイパスバルブを採用している。

トランスミッションは新開発の8速デュアルクラッチ(DCT)で、従来の7速トランスミッションよりコンパクトで、6kg軽量化されている。燃費、排ガス性能を高めながら、素早くスムーズなシフトチェンジが可能となったので、スポーツ・ドライビングでの変速レスポンスがより向上し、市街地やストップ&ゴーを繰り返す状況下でも快適だ。

馬力荷重は2.37kg/ps

シャシーは、フェラーリが新世代モデルのために開発したモジュラー技術を採用。ボディシェルとシャシーはいずれも新しく設計され、最新の軽量化技術と高度な生産技術により実現。コンポーネントの実に70%は完全な新設計である。

フェラーリ フロント・ミッドシップのエレガント・クーペ「ローマ」登場

フロント・ミッドシップのレイアウトを採用したこのクーペは、セグメントで最高のパワーウエイト・レシオ、2.37kg/psを実現しており、その動力性能が容易に想像できる。

フェラーリが誇る最先端の運動性能制御システムも盛り込まれている。特筆すべき例としては、5ポジションのマネッティーノと組み合わされたサイドスリップ・コントロール6.0(フェラーリGTモデルに初採用)や、ブレーキによる制動力を制御してヨーイングを最適コントロールするフェラーリ・ダイナミック・エンハンサーも備えている。

フェラーリ ローマ 諸元表

フェラーリ 関連記事
フェラーリ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る