DSとルーヴル美術館が生み出す芸術品「DS7 クロスバック ルーヴル ブルーHDi」発売

ステランティス・ジャパンは2022年3月23日、DSオートモビルの最上級クロスオーバーSUV「DS7 クロスバック」にパリのルーヴル美術館の名称を冠した特別仕様車「DS7 クロスバック ルーヴル ブルーHDi」を設定し発売した。

DS7 クロスバック ルーヴル ブルーHDiは、DSオートモビルとルーヴル美術館と文化と芸術の融合に関する長年にわたる協力関係から生み出された。王宮であったルーヴル宮殿は、8世紀にわたりフランスの歴史に存在感を示し、1793年に総合美術館として開館。そのメインエントランスにあるルーヴル・ピラミッド(ガラスのピラミッド)が、DSオートモビルのデザインモチーフに取り入れられている。

DS7 クロスバック ルーヴル ブルーHDiの魅力のひとつは、ガラスのピラミッドをモチーフにしたデザインを採用。エクステリアでは、DSウイングやリヤガーニッシュ、さらにガラスモール、ルーフレールもシャイニーブラックで仕上げ、ドアミラーはガラスのピラミッドをイメージさせる幾何学模様をレーザー加工で表現。また、ホイールはオリジナル・デザインの20インチ「アレキサンドリア」 を装着している。その他に、エンジンフードやドアサイド、リヤゲートなどに「ルーヴル」の銘板を採用している。

インテリアでは、センターコンソールのレザーにもガラスのピラミッドをモチーフとしたエンボス加工を施し、シフトレバーを取り囲むクル・ド・パリ装飾(ギョーシェ彫り=パリの石畳を図案化した伝統装飾様式)と合わせ、華やかな雰囲気を生み出している。

シートは、DSオートモビルのシンボルとも言うべきナッパレザーによる「ウォッチストラップシート」を採用。座面と背面に腕時計のブレスレットをデザインした深い掘り込みは一枚の革で製作しており、貼り合わせや縫い付けで生じる硬さを防ぐ仕上げに。こうした細かなデザインにおいても、フランスの伝統的な加工の技術を主張している。

パワートレーンは2.0Lのターボディーゼルに電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8を組み合わせている。最大トルク400Nmを2000rpmの低回転から発生しロックアップをするEAT8により、ドライバーのアクセルワークへ即座に反応し、ディーゼルエンジンならではの力強い加速と、DSオートモビルらしいエレガントな走りを両立させている。

価格

DS7 クロスバック 関連記事
DS 関連記事
DSオートモビル 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る