DS 「DS7クロスバック ルーブル ブルーHDi」特別仕様車発売

グループPSAジャパンは2021年1月21日、DSオートモビルのフラッグシップSUV、「DS7クロスバック」にルーブルの名を関した特別仕様車「DS7クロスバック ルーブル ブルーHDi」を発売しました。

名前のルーブルは、PSAグループとルーヴル美術館との長年にわたる緊密な協力関係からルーヴルの名を冠した特別仕様車「DS7クロスバック ルーブル ブルーHDi」です。

ブランド創立以来、DSオートモビルとルーヴル美術館は、伝統とモダン、美と未来へのヴィジョンを共有し、パートナーシップを築いて来ています。

「DS7クロスバック ルーブル ブルーHDi」の魅力のひとつは、このモデルだけのために随所に採用されているルーブル美術館のメインエントランスのガラスのピラミッドをモチーフとした意匠です。

専用バッジ、インテリアのディテールなどに特別な装飾に加えて、DSウイング(フロントグリルフレーム)、ルーフレール、サイドガラスモール、リヤガーニッシュを半光輝のブラックアウトとし、ブルー アンクルもしくはノアール ペルラネラのエクステリアカラーとコーディネイトさせてシックに仕上げています。

エクステリアは本来クロームで彩られたDSウィングとリヤガーニッシュを、シャイニーブラックで仕上げています。サイドビューに装備するガラスモール、ルーフレールもクロームからシャイニーブラックに。

ドアミラーはルーヴルのガラスのピラミッドをモチーフとした幾何学模様をレーザー加工で繊細に刻んでいます。またホイールはオリジナルデザインの20インチサイズとなっています。そして「ルーブル」の特別なバッジを各所に配置。

インテリアでは、センターコンソールのフラップのレザーにもガラスのピラミッドをモチーフとしたエンボス加工処理を行ない、シフトレバーを取り囲むクル・ド・パリ装飾(ギョシェ模様=パリの石畳を図案化した伝統装飾様式)とマッチして、華やかな雰囲気を生み出しています。

通常モデルのインテリアは、オプションとなる最上級のオペラがベースとなっており、インストルメントパネル全面に貼り込まれたムラ染のアートフィニッシュレザーがラグジュアリーな空気を生み出しています。

この革を縁取るネックレスのようなパールトップステッチは、オートクチュールの縫製の技法をアレンジしたものです。加えて、シートはDSオートモビルのシグネチャーとなったナッパレザーによるウォッチストラップシートを装備し、シート座面と背面のレザー部分に腕時計のブレスレッドをデザインモチーフとした1枚革に深い掘り込みが特長です。

パワートレインは2.0Lのクリーンターボディーゼルに電子制御8速AT(EAT8)という定評のコンビネーション。最大トルク400Nmを2000rpmという低回転からワイドに発生し、EAT8との組み合わせによりドライバーのアクセルワークに即座に反応するパフォーマンスを備えています。

価格

DS7 クロスバック 関連記事
DS 関連記事
DSオートモビル 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る