DS3クロスバックの高級インテリアを超高級にする「OPERAインスピレーション」

グループPSAジャパンは2020年5月14日、DSオートモビルのコンパクト・ラグジュアリーSUV「DS3クロスバック」のグランシック グレードに、最上級のインテリア「オペラ(OPERA) インスピレーション」を追加設定しました。また、今回の「オペラ インスピレーション」の導入と同時に、「DS3クロスバック」の全グレードの燃費を大幅に改善していることも注目されます。

クラスを超越するデザインとクオリティ

BセグメントのクロスオーバーSUV「DS3」は、従来からクラストップのラグジュアリーさを備えていましたが、今回の「オペラ インスピレーション」の導入で、より上級のプレミアムモデルに勝るとも劣らない圧倒的に高い質感を手に入れることになりました。

そのため、従来のラグジュアリーさに加え、フランスのサヴォア・フェール(匠の技)を極めた素材や仕上げの技を駆使したインテリアとなっています。

DSの象徴のひとつであるウォッチストラップ デザインで造られたナッパレザーシート(運転席電動調整式)を備え、さらにパティーヌ(ムラ染)に仕上げたアートフィニッシュレザー張りのダッシュボードとドアトリムを、伝統技法のパールトップステッチで仕上げています。さらに、ステアリングホイールセンターパッドもレザー張りになっています。

ダッシュボード中央のひし形モチーフとメーターパネル グラフィック、パリの石畳を模した伝統モチーフのギョシェが刻まれたセンターコンソール スイッチは、DS3クロスバックの世界感を表しています。

インスツルメントパネルからラップラウンドしてドアトリムまで一体に繋がっているアートフィニッシュのレザートリムは「オペラ インスピレーション」の象徴で、フランス伝統のオートクチュールやカロセリで培われたサヴォア・フェールの世界そのものと言えます。なお、この「オペラ インスピレーション」仕様の追加価格は30万円となっています。

エンジン制御を改良

さて、冒頭お伝えしたDS3クロスバックは、今回からエンジンの制御も改良されています。全車種ともECUのソフトウェア改善により、燃費がJC08モードで16.9km/Lから20.9km/L(WLTCモードでは15.9km/Lから18.2km/L)へと大幅に向上しています。

そしてグランシックでは人気のバイトーン ルーフカラーの黒が従来のノアール オニキス(ブラック)からノアール ペルラネラ(パールブラック)に変更されました。

さらにグランシックには、路面状況に応じて駆動力と制動力を最適化するグリップコントロールを追加装備載。SUVとしての機能性をさらに高めるなど、デザインや質感の向上のみならず、実用面でのパフォーマンスも高められています。

DS 3 関連記事
DSオートモビル 関連記事
DSオートモビル・ジャポン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る