DSオートモービルのパンデミックに対抗するための体制づくり【新型コロナウイルス】

フランスに本社を置くDS AUTOMOBILES(DSオートモビル)は、従業員保護を目的とする政策を2020年3月9日から全就業施設に実施しています。非常事態に陥っていた環境の中、テレワークへの移行を積極的に推進し、また、出社している社員にも推奨し、3月16日からは、フランス政府の決定に合わせ、テレワークが全社員に適用されました。

人工呼吸器製造とマスク配布

同時進行でDS AUTOMOBILESは、この伝染拡大に伴い、前線でウィルスと戦っている従事者の方々への支援にも取り組んでいます。

顧客へのサービス体制維持はもちろん、本体であるGroupe PSAは、フランス、イタリア、スペインで数十万枚のマスクと医療機器を医療施設へ配布し、エール・リキード・メディカルシステムと協力し、1万台の人工呼吸器製造に乗り出しています。

そして、3月22日から専門の技術者を招集し、DS3CROSSBACKが製造されるポワッシーの工場で特別ワーキンググループを発足させています。このワーキンググループは人工呼吸器の主要パーツの製造を開始するためで、また、現事態への対応に活動している人たちや隔離状態の人のために技術的または社会的な貢献ができる有志の従業員が活動しているということです。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る