BYD 中国BYDが2021年1月から大型EVバスの納車を開始

中国の大手電気自動車メーカー&バッテリーメーカーのBYD(比亜迪)の日本法人であるビーワイディージャパンは、2020年12月16日、日本市場向けの量産型大型電気自動車バス「K8」をいよいよ2021年1月から納車を開始すると発表しました。

BYDの電気駆動バスは、大型バスとして「K7」、グローバルサイズの「K9」をラインアップし、世界各地で販売していますが、日本市場向けには全長6990mm小型バス「J6」、そして、日本の路線バス向けのサイズとして「K8」を設定しています。

「K8」は日本の市場環境に合わせて、国内路線バスで多く採用されている10.5m級のバスとして開発されています。車両部品のモジュール化、バッテリーモジュール配置の見直しなどを行ない、メンテナンスの効率化、乗車定員数の増大を実現したバスとなっています。

ボディサイズは、全長10500mm、全幅2500mm、全高3360mm。搭載するリチウムイオン バッテリーの容量は287kWhで、航続距離は220km。充電はCHAdeMO方式の急速充電に対応しています。

乗車定員は、都市型で77人/81人タイプ、郊外型で75人タイプが設定されています。なお価格は3850万円(税抜)で、今後5年間で2000台の販売を目指すとしています。

なおビーワイディージャパンは、2020年から小型電気バス「J6」の販売を開始していますが、2021年には走行状態を遠隔管理が可能なテレマティクス システムを採用し、さらに普及型運転支援システム、車両以外の電力網・蓄電池への接続(V2X)などの実現を目指すとしています。

BYD 関連記事
ビーワイディジャパン 公式サイト

BYD

RELATED ARTICLE

BYD 中国BYDが2021年1月から大型EVバスの納車を開始
トヨタとBYD EV車研究開発の合弁会社が発足 その狙いは?
トヨタ 中国BYDと電気自動車の研究開発会社を合弁で設立
BYD 日本初の量産小型電気バスの受注開始

RECOMMENDED ARTICLE


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る