BMW「M2CS Racing」を発売 サーキット専用レーシングモデル

BMWジャパンは2021年6月28日、高性能コンパクト・スポーツモデル「M2CS」をベースにカスタマー・レーシング仕様のエントリーモデルとなるサーキット専用モデル「M2CS Racing」の購入受付を開始しました。なおこのモデルはMモデルのレース仕様車両を取り扱う「BMW Mモータースポーツ・ディーラー」での販売で、国内唯一のBMW Mモータースポーツ・ディーラーである、「モトーレン東都」のみでの限定販売となります。

M2CS Racingは、M社が開発したサーキット専用モデルで、レースシーンでの高いパフォーマンスを発揮しながらも扱いやすい車両サイズと価格によりカスタマーレーシングにおけるエントリー・モデルとされています。

3.0L直列6気筒Mツインパワーターボエンジンや、モータースポーツ専用のソフトウェアにより制御される7速DCTを搭載し、最大トルク550Nm/2350rpm-5500rpmを発生します。最高出力は、各レース規定に基づき280~365psの間に設定可能となっています。また、車両購入後にパーツを追加することで、最高出力450ps(331kW)/6250rpmまでチューンアップすることも可能で、450ps仕様のモデルも販売されます。

エンジンパワーのコントロールは、パワースティックと呼ばれるUSBによって調整可能で、レース毎に設定されるBOP(性能調整)に応じて、パフォーマンス・レベルのプログラミングおよび呼び出しが可能となっています。

M2CS Racings専用に製造されたドライブ・シャフトや、タイヤの左右回転差を抑制するプリロード型の個別冷却システムを備えた機械式LSDが標準装備されています。

またABSやDSCなどのドライビング・アシストシステムもレース仕様に調整されているため、ビギナードライバーでもより安全に車両コントロールが可能になるよう配慮されています。また、エアジャッキ・システムも標準装備され、メンテナンスの容易さも備えています。

インテリアも完全なレース仕様で、6点式シートベルト、カラー・ディスプレイ搭載のAIM製MXG1.2レーシング・ダッシュロガー、脱着式Mモータースポーツ・ステアリングなどが装備されています。

価格

BMW M2 関連記事
BMW 関連記事
BMW 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る