BMW Xシリーズ初のM専用モデル「XM」プラグインハイブリッドで登場

BMWジャパンは2023年1月18日、BMW M専用の新登場モデル「BMW XM(エックスエム)」の販売を開始した。デリバリーは4月からが予定されている。

BMW M社の新規モデルとして誕生するXMは、武骨なSUVとは明確な一線を画すオンロード走行性能を高めたスポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)という革新的なコンセプトを備え、サーキットでの本格的な走行を可能とするBMW M専用モデルだ。

XMはBMW M1以来のBMW M専用モデルとなり、革新的な駆動システム、独自の車両コンセプト、すべての人の目を惹きつける個性的なデザインにより、新たな市場セグメントを開拓する役割を担う。

また、BMW M社が開発する高性能マシンMモデルには、2つのカテゴリーがある。1つはサーキットでの走行を可能としたMハイ・パフォーマンス・モデル、もう1つはサーキットで培われた技術を取り入れ走行性能を高めたMパフォーマンス・モデルである。今回発表のXMは、Mハイ・パフォーマンス・モデルに位置付けられる。

ボディサイズは、全長5110mm、全幅2005mm、全高1755mm、ホイールベース3105mm、車両重量2710kgで、ラグジュアリー・セグメントの堂々たるフルサイズ・ボディだ。

フロントデザインの象徴の1つであるヘッドライトは、BMWのラグジュアリーモデルで採用している上下2分割のツイン・サーキュラー&ダブルライトとし、上部にはターン・インジケーターを含むLEDデイタイム・ランニングライト、下部にはアダプティブ・マトリックス機能とコーナリング・ライト機能も併せ持つLEDヘッドライトである。

BMWデザインの象徴であるキドニー・グリルは、ヘッドライトの間に大胆に配置され、外側のエッジに向かって細くし、八角形のアウトラインでダイナミックなキャラクターを強調させることで、存在感と力強さを主張するデザインに進化。クロームで縁取ることで斬新かつ高級感を表現し、さらに、暗闇で光を放ち存在感を増すアイコニック・グロー・キドニーグリルとする事で、夜間における存在感を増している。

サイドボディは、ロングホイールベース、23インチのホイールを前後に標準装備することで力強いシルエットを強調。さらに、サイドウィンドウ周りに施されたアクセント・バンドは、ウィンドウ全体を大きく囲み、力強くダイナミックな印象を与えている。

リヤは、横方向に伸びるスリムかつ大胆にデザインされたL字型LEDコンビネーション・ライトにより、力強さを表現。バンパー内に収められている縦に配置された六角形デザインのMデュアル・エギゾースト・テールパイプは、官能的なMサウンドを奏でるだけでなく、視覚的に近未来的な印象を与えている。

インテリアは、12.3インチのメーターパネルと、14.9インチのコントロール・ディスプレイを一体化させ、運転席側に湾曲させた最新のカーブド・ディスプレイの採用により、優れた視認性と高い操作性を実現。BMW特有のiDriveコントローラー回りをすっきりとさせることで、運転席まわりの空間を広くし、モダンな印象を与えている。

運転席回りでは、専用のMレザー・ステアリングホイール、赤色のエンジンスタート/ストップボタンを採用するなど、Mモデルであることを印象付けている。リヤは、スポーティ、ラグジュアリー、そして、ゆったりとくつろげる独自のMラウンジ・コンセプトを採用。立体感のある彫刻的なデザインがルーフ・ライニング表面に施され美しいイルミネーションを採用し、上質な空間を演出。レザーとアルカンターラの大型クッションを組み合わせたシートは、ラウンジ・ソファーのようにサイドまで包まれる感覚と座り心地を後席乗員に提供する。

また部分的に、独自の経年使用した風合いを意図的に施したビンテージ・レザーをインストルメント・パネルやドアトリムに配し、上質で個性的な独自の世界観を生み出している。

XMのパワートレインは、最高出力489ps(360kW)/5400rpm、最大トルク650Nm /1600-5000rpmを発揮する高効率な4.4LのV型8気筒BMWツインパワー・ターボガソリンエンジンを搭載する。そして第5世代のBMW eDriveテクノロジーを採用し、電池容量29.5kWhのリチウムイオン・バッテリーと、197ps(145kW)を発生する電気モーターを搭載するプラグイン・ハイブリッドシステムだ。

8速Mステップトロニック・トランスミッションとの組み合わせで、システムトータルの最高出力653ps(480kW)、最大トルク800Nmを発生し、電気自動車を除き、BMW史上最強のパワーユニットを搭載したモデルとなる。もちろん電気のみでの走行も可能であり、約90kmまで、ゼロ・エミッションで走行することができる。

ダイナミックな走行性能、あらゆる運転状況における抜群の安定性、高精度なハンドリング性能、優れた乗り心地、世界最高のドライビング・ダイナミクスの実現を目指し、XMには最先端シャシー・テクノロジーを採用している。

電子制御ダンパーとアクティブ・ロール・スタビライザーを備えたアダプティブMサスペンション・プロフェッショナルの採用により、長距離走行において優れた快適性を実現すコンフォートモード、スポーツ走行に適合するボディ剛性を高めるスポーツモード、さらに、ダイナミックな走行を可能にする、スポーツプラスモードの3種類のモードをMセットアップ・メニューから選択可能だ。

さらに、アクティブ・ロール・コンフォートを備えた直進走行時の快適性向上に寄与するアクティブ・ロール・スタビライザー、回頭性と俊敏なレーンチェンジを可能とするMモデル初となるインテグラル・アクティブ・ステアリング、Mスポーツ・ブレーキ、優れたトラクション性能を実現するMモデル専用4輪駆動システムM xDriveなどを組み合わせて採用することで、あらゆる状況においてMモデルに相応しいドライビングプレジャーを体感することができる。

そして最高の性能を発揮できるようにサーキット走行を想定し、最高速度を270km/hに高めるMドライバーズ・パッケージを標準装備。また、品質を高めるため、ビンテージ・レザーを内装に配したBMW Individualフルレザー・メリノ・シートや、最高の音響空間を提供する Bowers & Wilkinsダイヤモンド・サラウンド・サウンドシステムを標準装備している。

その他、アクティブシート・ベンチレーション(前席)やマッサージシート(前席)、4ゾーン・エアコンディショニングを標準装備し、スポーティなMモデルながらも、BMWラグジュアリー・モデルに相応しい快適性を実現。

BMWのラインアップの中で、最上級かつ最強のモデルの一つでもあるXMは、装備面においても最高レベルとすることで、ワンプライスの価格設定としている。

また、3月4日から4月4日まで、東京/原宿にBMW XMのポップアップ・ストアを限定オープンし、XMを日本初公開することが決定している。

価格

BMW 関連記事
BMW 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る