ベントレー「コンチネンタルGT」ビスポーク・モデルカーのコレクション登場

ベントレーモーターズは2020年8月17日、1/8スケールの超精密なモデルカー「コンチネンタルGT」など3種類のミニチュアカーを発表しました。このモデルカーは、塗装、ウッド、シートのディテールなどをさまざまにカスタマイズができるオーダーメイドオプションも設定されています。

いうまでもなくコンチネンタルGTは、ベントレーの頂点に立つモデル。そのコンチネンタルGTを緻密に再現したレプリカのモデルカーは、ウッドやカーペットからシートキルティングに至るまで、精巧にカスタマイズ可能な機能を備えている空前のモデルカーであることが特長です。

このモデルカーは細部に至るまで細心の注意を払い、何千時間もの作業を経て作られたこの精巧なモデルで、1/8スケールのコレクターズピースから1/43や1/64のミニチュアモデルまで、様々なスケールのモデルがラインアップされています。1/8スケールのモデルだけは特注品,つまりビスポークモデルで、顧客はオフィスや自宅に誇らしげに飾るのに最適なサイズとなっています。

1/8スケール コンチネンタルGTビスポークモデル

コンチネンタルGTシリーズは2003年に誕生し、グランドツーリングのカテゴリーと能力を再定義したモデルです。驚異的なパフォーマンス、精巧なクラフトマンシップ、エレガントなデザインで認知されています。

ミニチュアコレクションの最高峰モデルは、2018年にデザインされた第3世代クーペのスポーティなデザインと洗練されたシルエットをそのままモデル化しています。

1/8スケールのモデルカーはすべてのディテールがフルサイズのベントレーと同様の最高の品質で実現されており、このモデルカーのコレクションは、オーナーが所有するフルサイズのコンチネンタルGTと合わせて、コレクターのショーケースに欠かせない貴重な存在です。

完璧に忠実に再現されたコンチネンタルGTのスケールモデルは、カスタムメイドのオプションが充実しており、購入者は自分のモデルカーを特別にパーソナライズできるようになっています。

全長78cmサイズでディテールをミニチュアで再現し、丁寧に作られたレプリカカーのキャビン再現。小さなステアリングホイールには、完璧にコピーされたクロスステッチ、象徴的なシートキルティングなどは、小さいながらも詳細なスケールで反映されており、オリジナルモデルの特徴である光沢のあるウッドパネルと豪華なカーペットまでも忠実に再現されています。

完全な精度を確保するために、1/8のモデルは、注文から最終的な納品まで、ベントレー・デザインスタジオの綿密な監修のもとで開発されます。精巧なオーダーメイドモデルは、フルサイズのコンチネンタルGTのディテールを再現するために、ひとつひとつ丹念に再現され、手作業で製作するために、1000個以上の小さなパーツが使用され、合計で約300時間を費やします。

購入者は、個々の仕様に合わせてカスタマイズされたベントレーのカスタムメイドのインテリアとエクステリアの幅広いオプションの中から、選ぶことができます。ペイント、シート、ステッチの色から、ウッドパネル、ホイール、アロイの選択まで、すべての色と仕上げは、ベントレーの本物のペイント、レザー、ウッド、その他の色と精密に合致しています。

ベントレーファンであればコンチネンタルGTの歴史の中で登場したモデルを依頼してみることも大きな楽しみかもしれません。例えば、2011年にチャンピオンのユハ・カンクネンがドライブして世界氷上速度記録を更新したブラックラッピングの「コンチネンタルGTスーパースポーツ コンバーチブル」のようなペイントやベルーガインテリア、カーボンファイバーパネルを選択することもできます。

また、2019年に限定モデルとして登場した「コンチネンタルGTナンバー9エディション」のマリナー製のカラーリングも可能です。

1/8スケールのモデルはレジン製で、ニスを塗った台座の上に置かれ、自宅やオフィスのディスプレイとして、また家宝としてふさわしい存在です。

エクステリアのペイントカラー、アルミホイール、ロワグリル、ブレーキキャリパー、ナンバープレート、左右ドライバーポジション、インテリアカラーの色分け、本革のカラー、アクセント本革カラー、シートキルティング、シートフルーティング、ウッド、カーペットなどを選択できる充実したオプションが設定されています。

台座に載せられた1/8のモデルカーの寸法は、全長78cm、全幅40cm、全高24.4cmで、ミニチュアモデルのコンチネンタルGTコレクションの中では最大の大きさとなっています。

コンチネンタルGTクーペ モデルカーコレクション

1/43スケールのコンチネンタルGTは、美しいグランドツアラーの完璧なレプリカとなっています。象徴的なクーペの彫刻的なラインは、最高品質のレジンを使用したミニチュアバージョンに正確に反映されています。

このモデルを収納するプレゼンテーションボックスと台座には、ベントレーの象徴的なウィングロゴが配されています。ボディカラーはブラックライン仕様のカムンのエクステリア ペイントとベルーガインテリア、またはパーポイズとリネンインテリアのストームグレイ エクステリアペイントの2種類の中から選択できるようになっています。

この1/43のモデルカーの大きさは、全長11.2cm、全幅5.2cm、全高3.3cmです。

コンチネンタルGTのミニチュアコレクションの中で最も小さなモデルは、金属ダイキャストで作られた1/64スケールのモデルです。フルサイズカーの象徴的なスタイリングを再現し、ソフトラバータイヤとホイールのディテールがアクセントになっています。

このモデルも、様々ななペイントカラーをアイス、オレンジフレイム、シークインブルーの3色から選択できます。もちろん3種類のカラーのモデルカーを一緒にディスプレイしたり、ベントレーのモデルカーや他の車の大きなコレクションの一部にしたりすることもコレクターには嬉しいことでしょう。

1/64モデルは、全幅幅3.1cm、奥行き7.7cmとなっています。

なおベントレーの販売店は、これらのモデルカーに興味のある人に、価格や在庫状況の問い合わせを受け付けています。

ベントレー コンチネンタルGT 関連記事
ベントレー 関連記事
ベントレー 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る