アウディ 2020年型フラッグシップ スポーツセダン「S8」を発売

アウディ ジャパンは2020年8月25日、アウディのフラッグシップ セダン、A8シリーズの2020年型ハイパフォーマンスモデル「S8」を発売しました。

Sモデルは、圧倒的なパワーと環境性能を両立させた先進的なエンジンと、クワトロ システムを搭載し、強力なパフォーマンスと傑出した運動性能、そして高い実用性を兼ね備えたスポーツモデルで、S8はアウディのラインアップにおけるフラッグシップ スポーツモデルと位置付けられています。

新型S8のボディ構造は、アウディのブランドスローガン「技術による先進」を体現しており、初代A8に採用以来進化を続けているるASF(アウディ スペースフレーム)を採用。

アルミニウムをはじめ、スチール、マグネシウム、そしてカーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)を適材適所に組み合わせ、高強度・高剛性なボディにより、軽量で、正確なハンドリング、高い静粛性を実現しています。

パワートレーンは、最高出力571ps、トルク800Nmを発生する4.0L V8ツインターボエンジンに、8速ティプトロニック トランスミッションを組み合わせ、駆動方式はフルタイム4WDのクワトロです。

エンジンは、マイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)を搭載。48Vリチウムイオンバッテリーと、クランク軸にベルトを介して連結されるBAS(ベルト オルタネーター スターター)、スタートストップシステムで、48Vという電圧により、減速回生システムにより、高いエネルギー回収効率を実現。また、減速および惰性走行時には、シリンダーオンデマンド (Cod)により、エンジンを停止して燃費を向上させています。

エクステリアは、前後バンパーがS8専用のデザインとなり、4本出しの楕円エキゾーストフィニッシャー、9J×21インチのアルミホイール5ダブルスポークデザインがそのハイパフォーマンスぶりを象徴しています。

インテリアはカーボンのデコラティブパネルや、バルコナレザーを用いたスポーツシートを採用するなど、スポーティさと上質さ、エレガントさを高い次元で両立し、至高のキャビンとなっています。

シャシーはレーザースキャナー(LiDAR)やカメラセンサーを用い、路面の凹凸を先読みし、サスペンション ストロークをアクティブ制御するプレディクティブ アクティブサスペンションを搭載。

プレディクティブ アクティブサスペンションのストローク調整アクチュエーター

また65km/h以下ではリヤタイヤはフロントと逆方向に最大5度まで操舵し、都市部などで最小回転半径を小さくして取り回しの良さに貢献します。そして、中高速ではリヤタイヤはフロントと同位相に操舵され、操縦安定性を向上させるダイナミック オールホイールステアリング(4輪操舵)を装備しています。さらに、リヤスポーツデファレンシャルをクワトロと組み合わせることで、快適かつダイナミックな走行性能を実現しています。

価格

アウディA8 関連記事
アウディ 関連記事
アウディ・ジャパン 公式サイト


ページのトップに戻る