【アウディRS3セダン試乗記】「いいなぁコレ」と思わず漏れるひと言

マニアック評価vol653
「もっと早くに乗っておきたかった」というのがファーストインプレッション。2017年3月に国内発表され、納車はその年の夏から始まっていたので、すでに1年以上前。「なぜ、これまで乗らなかったのか」と少し後悔をしたトップアスリートなモデルだった。

仕事柄、いろんな方から「どんなクルマがいい?」という質問をされることが多い。中には複数台所有している人、新車を3年ごとに乗り換え、車検は取ったことがない、燃費が一番いいクルマは?など雑多だが、ハイパフォーマンスでありながら、普通に乗れるクルマとしてお勧めできる、見落としていた一台だ。
アウディ RS3セダン 試乗記


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る