アウディ バッテリー容量を抑えた電気自動車「e-tron50クワトロ」を追加発売

アウディ ジャパンは2021年1月13日、電気自動車の「e-tron」、「e-tronスポーツバック」に、新たにバッテリー容量71kWhのグレード「50」を追加し、発売を開始しました。

e-tron 50 クワトロ

2020年9月に発売された「e-tronスポーツバック55クワトロ」は95kWh容量のバッテリーを搭載し、前後2個のモータートータルの最大出力が408ps、最大トルク664Nmを発生し、航続距離はWLTCモードで405kmとなっています。

今回追加された「e-tron50クワトロ」のバッテリー容量は71kWhで、2個のモーターのトータル出力313ps、最大トルク540Nm、航続距離はWLTCモードで316km(e-tronスポーツバック50クワトロは318km)となっています。

また「e-tron50クワトロ」のボディはスポーツバックに加え、クロスオーバーSUVルックのモデルも新設定されています。デザインの違い以外に、ラゲッジ容量はスポーツバックの616Lに対して660(VDA)と、より大容量であることがアピールポイントになっています。

「e-tronスポーツバック55クワトロ」は車両重量が2560kgとヘビークラスとなっていますが、「e-tron50クワトロ」はバッテリー容量が小さい分だけ軽く、「e-tron50クワトロ」は2400kg、「e-tronスポーツバック50クワトロ」は2410kgと150kg以上軽量になっています。

「e-tronスポーツバック50クワトロ」のシャシーは、「e-tronスポーツバック55クワトロ」と同様にアダプティブ エアサスペンションが全車に標準装備されています。またバーチャルエクステリアミラーはオプション設定となっています。

グレード展開は、「e-tron50」は、「base」、「advanced」、「S line」の3グレード、「e-tron スポーツバック50」は、「S line」のみとなっています。

バッテリーサイズを抑えた「e-tron50」シリーズの価格は933万円からとなり、今後はこの「e-tron50」シリーズが主力モデルになると予想されます。

アウディ e-tron 50 クワトロ 諸元表

価格

アウディ e-toron 関連記事
アウディ 関連記事
アウディ ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る