アウディの高性能な電気自動車クワトロ「e-tronスポーツバック」詳しい解説

アウディ ジャパンは2020年9月17日、アウディ・ブランドとして日本初導入となる電気自動車「e-tron スポーツバック」を「e-tron正規ディーラー」(52店舗、現時点)を通じて発売しました。

e-tronスポーツバックに続きe-tron SUVも導入予定

アウディは、2018年9月に電気自動車のSUVモデル「e-tron」を世界初公開し、電動化攻勢を開始しています。アウディは2025年までに、全世界の主要な市場において20モデル以上の電気自動車(バッテリー エレクトリック ビークル=BEV)を発売し、プラグインハイブリッドを含む電動化モデルの販売台数を全体の約40%にすることを目指しています。

もちろんこの背景にはフォルクスワーゲングループの世界戦略があり、CO2排出量の規制が強化される主要市場でいち早くリーダーシップを獲得することを目指しています。

日本市場ではこのe-tronスポーツバックが電気自動車のさきがけとなり、e-tron SUVがそれに続いて導入されることになっています。

e-tronスポーツバックは電気自動車専用プラットフォームではなくMLBevoプラットフォームを採用。5名が広々乗車できる広いキャビンと、大きなラゲージコンパートメントを持っています。全長は4900mm、全高は1650m、全幅は1935mm、ホイールベース2930mmです。その大きな前面投影面積にもかかわらず、空気抵抗係数(Cd)を0.25に抑えられた空力性能を備え、ボディがより小さなQ3よりも優れているのです。

空力性能向上のためフロア下にはボルテックス・ジェネレーター(渦流発生装置)を採用

またe-tronスポーツバックは、アウディ初となるカメラを使用するバーチャルエクステリアミラーがオプションで設定されます。このミラーは、さらに空気抵抗係数を5cdポイント(0.005)低減させることができます。

カメラ式のバーチャルエクステリアミラー

The Mortor Weekly

ページのトップに戻る