アウディ「A4/A4アバント」に初のクリーンディーゼルモデルを追加

アウディ ジャパンは2021年1月7日、プレミアムミッドサイズのセダン/ワゴン「A4/A4アバント」にシリーズ初となるクリーンディーゼルエンジン搭載モデルを追加し、発売しました。

A4 アバント

現行のA4シリーズは2020年10月に大幅なマイナーチェンジを行ない、エクステリア デザインを大幅に刷新しています。全モデルでブリスターフェンダーを採用し、全幅を5mm拡大、ドアパネルまで改良を加えています。

インテリアでは最新のインフォテインメントシステムMIB3を初採用し、センタースクリーンはタッチパネル式になるなど操作性を向上し、よりシンプルでクリーンなコックピットデザインとしています。また歩行者検知機能付アウディ プレセンスシティや、渋滞追従支援機能付アダプティブクルーズコントロールなど、ドライバーの安全性、快適性をサポートする先進のアシスタンスシステムも充実しています。

そして今回、A4シリーズとして初のクリーンディーゼルエンジンTDI搭載モデルを追加しました。TDIエンジンは出力の異なる2種類の2.0L直噴ターボディーゼルエンジンと、「アドバンスド」と「S line」という装備の異なる2種類のグレードを設定。

アドバンスドはLEDヘッドライトやLEDリヤライト、ダイナミックターンインジケーター、サイドスカートなども標準装備し、従来のS lineよりもスポーティな仕様となっています。

新しいS lineにはボンネットスリットや専用バンパー、チタンブラックのハニカムメッシュ シングルフレームグリルなど、よりスポーティなRSモデルのデザイン要素を取り入れています。またインテリアにはブラックグラスルック コンソールパネルを標準装備することで、より質感を向上しています。

A4 セダン

「35TDI」は、アルミニウム製のクランクケースや鍛造ピストンを採用することで20kg以上の軽量化を実現。最高出力163ps、最大トルク380Nmを発生。トランスミッションはより効率を高めた7速Sトロニックを組み合わせたFFモデルとなっています。

またベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)とリチウムイオンバッテリーを搭載する12Vマイルドハイブリッド システムを備えており、エネルギー回生機能を高め、コースティング(惰性走行)時にエンジンを完全に停止するなどの機能を備え、17.1km/L(WLTCモード)と優れた燃費性能を実現。

40TDIエンジン

高出力版の「40TDI」は、最高出力190ps、最大トルク400Nmを発生。トランスミッションは同じく7速Sトロニックを組み合わせ、駆動方式は機械式センターデファレンシャルを搭載したクワトロ システムを採用しています。このもっともパワフルな2.0Lディーゼルエンジンを搭載したA4セダンの0-100km/h加速は7.7秒、最高速度は241km/hに到達する高性能バージョンとなっています。

なお、これらのクリーンディーゼルエンジンの35TDI、40TDI搭載車はともにエコカー減税対象となっています。

A4セダン価格

A4アバント価格

アウディ A4 関連記事
アウディ 関連記事
アウディ ジャパン 公式サイト


ページのトップに戻る