アウディ「A4」をビッグマイナーチェンジし内外装を刷新

アウディ・ジャパンは2020年10月7日、プレミアム ミッドサイズセダン/ワゴン 「A4」シリーズ(セダン、アバント、オールロード、Sモデル)をビッグマイナーチェンジし発売しました。

A4セダン

A4

今回のビッグマイナーチェンジでは、エクステリアデザインを大幅に刷新しています。各ドアパネルに至るまで改良が行なわれ、全モデルでブリスターフェンダーを備えました。そのため全幅を5mm拡大するなど、フルモデルチェンジに匹敵する変更となっています。

A4セダン、A4アバントは新たなグレード構成として「base」、「advanced」、「S line」の3種類を設定。

インテリアは最新のインフォテインメントシステムMIB3を初採用し、10.1インチのセンタースクリーンはタッチパネル式となり、操作性の向上を図るとともに、よりシンプルでクリーンなコックピットデザインとなっています。もちろんコネクテッド機能を標準装備しています。

メーターパネルはbaseグレード以外は、フルデジタルの12.3インチサイズのアウディバーチャルコックピットプラスが標準設定されています。なお、ヘッドアップディスプレイはオプション設定となっています。

また歩行者検知機能付アウディ・プレセンスシティや、渋滞追従支援機能付アダプティブクルーズコントロールなど、ドライバーの安全性、快適性をサポートする先進のアシスタンスシステムをより一層充実させています。

A4セダン/A4アバントは、出力の異なる2種類の2.0L直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載しています。ミラーサイクルを採用する35TFSIは150ps、45TFSIは249psの最高出力を発生。そのどちらにも、ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と12Vリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)を新採用しています。

A4アバント

トランスミッションはより効率を高めた7速Sトロニックを組み合わせています。これにより、エネルギー回生機能を高め、コースティング(惰力走行)時にエンジンを完全停止するなどして、燃料消費量を抑制しながら快適なドライビングができるようになっています。

また、2021年前半にはディーゼルエンジンも導入予定となっています。

S4セダン/S4アバント

高性能バージョンであるS4セダン/S4アバントは、ボンネットの先端に往年のアウディ クワトロを思い起こさせるスリットを備え、前後バンパーやエアインレット、サイドシルなどを専用デザインとすることで精悍さと上質さを一段と向上。ホイールは19インチサイズを標準装備してます。

ブラックを基調としたインテリアは、カーボンアトラス・デコラティブパネルや専用スポーツシートなどを装備。パワートレーンは、最高出力354ps、最大トルク500Nmを発揮する3.0LのV6ターボエンジンに8速ティプトロニックを組み合わせ、クワトロ4輪駆動によりそのパフォーマンスを存分に発揮できます。ベースのA4よりも車高を低めたSスポーツシャシーやダンピングコントロールSスポーツサスペンションも装備しています。

A4オールロード・クワトロ

A4オールロードクワトロは、エクステリアにホイールアーチトリムやアンダーボディプロテクションなど、クロスオーバーモデルを強調する専用パーツを備えています。

またベースモデル比でフロント、リヤともにトレッド幅を15mm拡大、最低地上高を50mm高め、アウディ ドライブセレクト、ダイナミックハンドリング システムにはオフロードモードを追加し、優れた乗り心地とオフロード性能を両立。

パワートレーンは、MHEV(マイルドハイブリッド)を搭載し、最高出力249psを発揮する2.0 TFSIガソリンエンジンに7速Sトロニックを組み合わせ、AWDクラッチ付きクワトロ システムを採用しています。またLEDヘッドライトやバーチャルコックピット、シートヒーター等を標準化するなど装備をアップグレードしています。

A4セダン価格

A4アバント価格

アウディ A4 関連記事
アウディ 関連記事
アウディ ジャパン 公式サイト


ページのトップに戻る