アウディ、フォーミュラE2019年シーズン用の新型「e-tron FE05」にはリヤウイングがない!

アウディは2018年10月4日、2018/2019年シーズン用のフォーミュラEマシン「e-tron FE05」を正式に発表した。シーズン5となる2018/2019年シリーズは12月15日にサウジアラビア・ディルイーヤで開幕第1戦を迎える。この第1戦からはいよいよ主要コンポーネンツが自由化され、航続距離が増大、従来のようにレース途中でのマシンの乗り換えは必要なくなるという画期的なシリーズとなる。
Audi e-tron FE05

このシーズンに向け、アウディはかねてから開発していた新型マシン「e-tron FE05」を発表した。チーム体制は従来通りの「アウディ・スポーツ ABT シェフラー」で、出場ドライバーもダニエル・アプト選手とルーカスディグラッシ選手だ。なお、今シーズンからは、アウディ・ワークスチームに加え、イギリスのヴァージン レーシングも「e-tron FE05」で参戦することになり、「e-tron FE05」は4台体制となる。

新型e-tron FE05とダニエル・アプト選手(左)、ルーカスディグラッシ選手
新型e-tron FE05とダニエル・アプト選手(左)、ルーカスディグラッシ選手

新型「e-tron FE05」の開発にあたり、アウディは新次元の技術と戦略に積極的に取り組み、特に心臓部のコンポーネントであるモーター、インバーター、ギヤボックス、リヤサスペンション・コンポーネント、そしてバッテリー駆動制御ソフトウェア、ドライブトレーン制御に対して集中的に開発に取り組んでいる。マシンのその他の部分は出場全チーム共通の、ワンスペック仕様となっているので、各チームは、独自のバッテリー駆動ドライブトレーンによって、その技術力を競うことになる。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る