アストンマーティン 限定車「DBS GT ザガート」のデザイン発表

アストンマーティンは2019年7月10日、コーチビルダーのZagato生誕100周年を記念するスペシャルモデル「DBS GT Zagato(ザガート)」モデルの最終的な生産仕様のイメージスケッチを公開した。「DBS GT Zagato」と「DB4 GT Zagato Continuation」の2台から構成される「DBZセンテナリー・コレクション」は、わずか19台のみが製造され、販売価格は600万ポンド(約8億850万円)となっている。

アストンマーティン 限定車「DBS GT Zagato」のデザイン発表

2020年に生まれるDBS GT ザガート

アストンマーティン史上もっともパワフルな量産車であり、高い評価を受けている「DBS Sスーパーレッジェーラ」をベースに製作されるDBS GT Zagatoは、アストンマーティン&ザガートのデザイン言語を新たな次元に昇華させたといえる。

1960年代に製造されたアイコン・モデル「DB4 GT Zagato」の官能的なフォルムにインスピレーションを得たそのデザインは、アストンマーティンとザガートのデザイナーがコラボレーションした結果、その美しいスタイルを見事に現代へと蘇らせた。

1960年代の「DB4 GT Zagato」と「DBS GT Zagato」
1960年代の「DB4 GT Zagato」と「DBS GT Zagato」

DBS GT Zagatoは、絶対的なラグジュアリー、エクスクルーシブなキャラクター、そしてピュアなフォルムにより圧倒的な存在感を実現している。新たにデザインされたフロントのダイナミック・グリルが強いオーラを放つ。駐車時にはこのグリルは108個のダイヤモンド形状のカーボンファイバー製ピースがフラットな面を構成し、美しいシルエットを生み出している。しかし、DBS GT Zagatoがエンジンを始動させると、それぞれのピースが開き、搭載されているV12気筒ツインターボエンジンにエアを供給するようになっている。

このスペシャルなスポーツカーは、美しさだけではなく、ドラマチックな演出にも焦点を当てて開発されており、一旦エンジンを始動すれば、強烈なパフォーマンスを解き放つ準備を始めて、官能的なサウンドとスタイルで見る者を圧倒する。

アストンマーティン 限定車「DBS GT Zagato」のデザイン発表

リヤエンドは、車両の後方までをカバーするカーボンファイバー製のルーフが装着されている。一般的にリヤウィンドウが配置される場所までシングルピースの大型カーボンファイバー・ルーフで覆われている。このルーフに対応するため、カメラにより車両後方の映像が映し出されるルームミラーを採用。

このDBS GT Zagatoは2020年に生産が開始される。また19台のDB4 GT Zagatoは2019年からアストンマーティンワークスで製造が開始される。

アストンマーティン 関連記事
アストンマーティン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る