アストンマーティンのスーパーカー「V12 スピードスター」を発表【動画】

アストンマーティンは2020年3月4日、「V12スピードスター」の発表を本社で行なった。このモデルも本来はジュネーブモーターショー2020でデビューする予定であったが、ショーの開催中止のため、本社での公開となっている。

88台限定のハンドメイド・スーパーカー

特別に選ばれたエキスパート・ドライバーのためのスペシャル・モデル「V12スピードスター」は、生産台数88台という希少なモデルだ。このモデルもアストンマーティンのパーソナライゼーション・サービス部門、「Q by アストンマーティン」が手掛け、アストンマーティンの長いレーシング・ヒストリーだけでなく、航空機デザインからもヒントを得て造り上げられた。そのためもあって今回公開された「V12スピードスター」は、戦闘機F/A-18コンセプトカラーに塗られている。

「V12スピードスター」は、「Q by アストンマーティン」チームの努力により、開発期間は12ヶ月を少し上回る程度という短期間で初期設計から最終量産確認に至る全工程を完了している。

アルミ製シャシーとカーボン製ボディ

「V12スピードスター」のシャシー/フレームは、最新のアルミニウム接着構造を採用するとともに、「DBSスーパーレッジェーラ」や「ヴァンテージ」のコンポーネンツを流用したユニークなプラットフォームを採用。

フロント・ダブルウィッシュボーン、リヤ・マルチリンク・サスペンションには、コイルスプリングとアダプティブ・ダンピング(スポーツ、スポーツ+、トラックの3モード切替式)が組み合わされ、標準装備される21インチ鍛造アロイホイールはセンターロック式になっている。標準装備されるカーボンセラミック・ブレーキは、フロントが410mm、リヤは360mmと大径ローターを装備。

ボディは、ほぼカーボンファイバーで製作されたビスポーク・ボディが架装されている。この「V12スピードスター」は歴史にインスピレーションを求めたクルマだという。

1959年にル・マン24時間を制したDBR1からアストンマーティン100周年記念の2013年型CC100スピードスターに至るモデルとデザイン的な関連付けがされている。ミッドセクションは、1953年型DB3Sの雰囲気を持っている。その一方で最新鋭のジェット戦闘機「F/A18」からもインスピレーションを得てデザインを融合させている。

ルーフもフロント・スクリーンもなく、巨大なエンジンと、低く幅広いショルダー、2座席用のハンプ、ドライバーとパッセンジャーを分離する背骨のような形状などにより圧倒的にエモーショナルなスタイリングが実現している。

低く、しかし軽快なリヤエンド、大胆な印象のフロントグリル、特徴的なヘッドライト、「ノストリル」と呼ばれるボンネットのデザインにより独自のエクステリアとなっている。「ノストリル」は、長期間にわって封印されてきたデザインだが、今回のモデルで復活を果たした。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る