【上海モーターショー 2019】アストンマーティン ラピードEを世界初公開

上海モーターショー2019

アストンマーティン・ラゴンダは2019年4月16日、同社にとって初となる電気自動車、「ラピードE」の最終的な市販仕様車を中国で開催中のオート上海で世界初公開した。「ラピードE」はこれまでのラインアプモデルと同様の傑出したパフォーマンス、高度なクラフトマンシップ、エクスクルーシブなキャラクターを受け継ぎながらも、アストンマーティンの電気自動車時代へ向けての第1弾となる。

上海モーターショー2019 アストンマーティン ラピードE 世界初公開

空力性能にも優れるラピードE

アストンマーティンの電動化の拠点となる、最先端のセント・アサン工場で初めて生産されるラピードEは、同社の電動化戦略と、世界初の電気自動車のラグジュアリー・ブランド、ラゴンダの成功を実現するための先駆けと位置づけられている。155台のみが限定生産されるこのスペシャル・エディションは、ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング(WAE)と共同で開発された。

上海モーターショー2019 アストンマーティン ラピードE 世界初公開

エクステリアデザインは、エレガントなフォルムと高次元の空力性能を追求し、フロントエンドでは伝統的なラジエーターグリルが、印象的なハニカムグリルに変更されている。EVパワートレーンは内燃エンジンよりも冷却要件を低く設定することができるため、フロント周りの開口部を最適化し、ボディを通過するエアフローを最小化、車両全体の空力効率を改善した。もちろん空力性能の向上により航続距離を伸ばすことができる。

アンダーフロアは、フロント・スプリッターからリヤ・ディフューザーへと流れるエアフローを最適化。リヤ・ディフューザーは、従来のエキゾースト・システムが不要になったことを受けて、専用に新設計されている。ホイールは鍛造アルミニウム製の空力デザインを採用し、ブレーキの冷却性能を犠牲にすることなく、空力性能を高めている。タイヤは転がり抵抗の低い専用のピレリP-Zeroタイヤを装着。これらの変更によりラピードEの空力性能は、内燃エンジンを搭載したモデルよりも8%向上している。

上海モーターショー2019 アストンマーティン ラピードE 世界初公開

インテリアでは従来のアナログメーターは姿を消し、10インチのデジタル・ディスプレイが設置され、バッテリーの充電状態、現在のモーター出力レベル、回生パフォーマンス、リアルタイムのエネルギー消費量などの情報が表示される。また内装材の多くにカーボン剤が使用され軽量化を追求。

上海モーターショー2019 アストンマーティン ラピードE 世界初公開

ラピードEの主要な情報は、専用のアプリを通し、離れた場所からでも確認することが可能になっている。この便利なアプリには走行可能距離、現在のバッテリー容量、充電のタイミングに加え、ナビゲーションの目的地も設定することもできる。また目的地をアプリからクルマに送信することで、ルート計画をより簡単に行うことできる。

駐車場情報もアプリを介して見ることができ、クルマを降りてから歩いて進む方向も表示されるため、混雑した場所で駐車場を探す作業が容易になるなどの機能がある。さらに、ラピードEの車両メンテナンス状態もアプリで確認することが可能で、メンテナンスの時期が到来するとリマインダーを受け取ることもできる。

950Nm /610psの大パワー

800Vの電力システムによって駆動されるラピードEは、5600個以上のリチウムイオンバッテリー(18650形式の円筒形セル)を搭載し、65kWhのバッテリー容量を備えている。この専用のバッテリー・パックは、6.0L・V12エンジン、ギヤボックス、燃料タンクが配置されていた場所に搭載される。また800Vの電力システムにより、一段と効率的な充電が可能だ。リヤに配置した2個のモーターは610psを上回る最高出力と950Nmの強力なトルクを発生する。

上海モーターショー2019 アストンマーティン ラピードE 世界初公開

ラピードEの航続距離はWLTPモードで約322kmだ。一般的な400V/50kWの充電器を使用した場合、1時間あたり約298kmのレートで充電することができる。しかし、クルマに搭載されている800Vの高電圧バッテリー・システムは、100kW以上を供給可能な800Vの急速充電器を使用すると1時間当たり約500kmのレートで充電することも可能だ。また外出先で充電する場合に備えて、このクルマには約3時間で充電することができる業界最先端のハイパワーAC充電器も搭載している。

上海モーターショー2019 アストンマーティン ラピードE 世界初公開

ラピードEの最高速度は250km/h(電子リミッター作動)で、0-100km/h加速は4.2秒、80〜112km/hの中間加速は1.5秒だ。これらの数値はバッテリー充電量や気候条件によって制限されることはなく、アストンマーティンに期待される高いパフォーマンスをコンスタントに繰り返し発揮することができる。例えばニュルブルクリンクを全開走行で1周することも可能となっている。

ラピードEは3つのドライビングモード(GT、スポーツ、スポーツ+)を備えている。リヤに搭載される2個の電気モーターは、リミテッドスリップ・デファレンシャルを介して後輪を駆動し、ラピードAMRと同等のハンドリング特性を実現している。
なお、このラピードEはすでに販売店で受注を開始している。

アストンマーティン ラピードE 諸元表

上海モーターショー

アストンマーティン 関連記事
アストンマーティン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る