アストンマーティンが誇るスーパーGTの復活、新型「DBSスーパーレッジェーラ」発表

アストンマーティンジャパンは6月27日、新型「DBS Superleggera(DBS スーパーレッジェーラ)」を発表した。DBSとは、アストンマーティンが1967年に初めて使用したアイコン・モデルの名称であり、2012年の生産終了以来、6年ぶりの復活となる。そして、スーパーレッジェーラとは、イタリアのコーチビルダー、トゥーリングが先鞭を付けた革新的軽量構造へのオマージュだ。アストンマーティンが誇る伝統の2つの名前が復活することになった。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る