【動画】アルファロメオ スーパースポーツモデル「ジュリアGTA/GTAm」の受注開始

FCAジャパンは2021年4月26日、アルファ ロメオの高性能スポーツサルーン「ジュリア・クアドリフォリオ」をベースにして、大幅な軽量化とさらなる高出力化を実現したスーパースポーツモデル「ジュリアGTA」、「ジュリアGTAm」を新設定し、5月9日までの期間限定で受注を開始しました。

ジュリアGTA/GTAmは、高出力モデルのジュリア・クアドリフォリオをベースとし、アルファロメオの歴史に名を刻んだ名車「ジュリア・スプリントGTA」に敬意を表して開発された特別なモデルです。

1965年に発表された「ジュリア・スプリントGTA」は、アルミニウムボディの採用などによりベース車に対して大幅に軽量化され、エンジン出力も高められるなど、性能が引き上げられました。その結果、世界各地のレースイベントにおいて数百の勝利を挙げ、伝説的なモデルとなっています。

ジュリアGTA

 

ジュリアGTAm

その輝かしい歴史と技術の探求心を受け継いで復活したのが、このジュリアGTAです。GTAとは「Gran Turismo Alleggerita(グランツーリスモ・アレッジェリータ)の頭文字を取ったもので、アレッジェリータはイタリア語で軽量化を意味します。また、GTAmの「m」は「モディファイド」を示し、2座席化とロールバーの装着によりサーキット走行における特性を高めつつ、公道走行も可能なモデルとなっています。

大幅な軽量化としてジュリアGTA/GTAmは、カーボンファイバー製のボンネットやルーフに加え、フロントバンパーやフロントフェンダー、ルーフ、リヤディフューザーにもカーボン材を採用しています。さらに、ジュリアGTAmは、モータースポーツの世界から生まれたポリカーボネート樹脂素材のウィンドウをサイドとリヤに採用し、ベース車に対してGTAが約50kg、GTAmは約100kgという大幅な軽量化を実現しています。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る