アバルトのスポーティーな限定車「695 エッセエッセ」登場

ステランティス・ジャパンは2022年5月17日、アバルトの高性能スポーツモデル「595 コンペティツィオーネ」をベースに、多くの専用装備を採用し、よりスポーツ性を高めた世界で1390台の限定車「695 esseesse(エッセエッセ)」を発表し、5月28日から日本に対する割り当ての400台を国内販売することになった。

695 エッセエッセの起源である「695 SS」は、1949年に創業し高性能車メーカーとして発展を遂げたアバルトが、モータースポーツの世界に向けて1964年に送り出したモデルだ。当時、ツーリングカー選手権は排気量によりクラス分けされ、600cc以下のクラスを制したアバルトは、次なるステップとして700cc以下で競われるカテゴリーへの挑戦を目指し、そのベース車両として送り出されたのが「フィアット・アバルト 695」であった。

そのさらなる高性能版として「695 SS」が誕生している。SSはイタリア語でエッセエッセと発音し、スーパースポーツを意味し、今回の695 エッセエッセは、その695 SSにオマージュを捧げるモデルとなっている。

往年の695 SSにヒントを得ながら、695 エッセエッセは現代風のアレンジを加えたモデルに仕上がっている。ボディカラーには695 SSを彷彿とさせるGrigio Campovolo(グレー)と、Nero Scorpione(ブラック)を設定。

ボディサイドにはスポーティ感を引き立てるホワイトのストライプや、特別装備の17インチ・アルミホイールが装備され、さらにボディの各所にホワイトアクセントを配することで、レースカーのような雰囲気を高めている。また、サイドの「695」エンブレムと、リアの「695 esseesse」エンブレムが、特別なモデルであることを表現している。

695 エッセエッセは、アバルトならではの軽量化や空力性能の向上を図り、ハイレベルな運動性能を目指しアップグレードが行なわれている。具体的にはフロント周りを軽量化するアルミニウム製エンジンフードを採用し旋回性の向上を図ったほか、リヤに角度調整式のアジャスタブルスポイラーを装備し、高速走行時の挙動の安定化を図っている。

また、ベース車とは異なりAKRAPOVIC(アクラポビッチ)製の専用の高性能エキゾーストシステムが、スポーティなサウンドを響かせるようになっている。

インテリアでは、695 esseesseのロゴ入りで、ホワイト仕上げバックシェルとなるSabelt(サベルト)製スポーツシート、レッドシートベルトを採用しているほか、同様にロゴを配したアルカンターラ張りのダッシュボードやフロアマットによりプレミアム感が高められている。またカーボン調シフトノブやロゴ入りトノカバーを採用するなど、細部までスポーティなデザインに統一されている。

搭載されるエンジンは312A3型の1.4L・4気筒ターボで、180ps/230Nmを発生する。トランスミッションは5速MT。装着タイヤは205/40R17。車両重量は1120kgと軽量だ。

世界で1390台限定で製造される695 エッセエッセは、日本はアバルトにとって重要な市場のため400台が割り当てられ、販売される。トランスミッションは全車5速MT。Grigio Campovolo(グレー)とNero Scorpione(ブラック)の右/左ハンドル車の合計4種が各100台ずつ導入されることになっている。

価格

695 esseesse:470万円(税込み)

アバルト 695 関連記事
アバルト 関連記事
アバルト 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る