【コラム】夏休み後、すっかり変わったあのコ…的な!?「トヨタ・シエンタ」@吉田由美

吉田由美のピンポイント&チャームポイントVOL41

吉田由美コラム トヨタ シエンタ 002
12年ぶりにフルモデルチェンジを受けた新型シエンタをピックアップしました

ある日、私はインターネットニュースを見てびっくり! 「トヨタ 新型シエンタ発表会に、ハメス・ロドリゲス選手登場」…。ロドリゲス選手って、あの、サッカーの? えー、発表会に行けばよかった!

とはいえ顔は今イチ浮かびませんが、ロドリゲス選手の名前はもちろん知っているし、それに「イケメン」ということも知ってます。

しかし私の中ではシエンタ=ファミリーカーというイメージなので、なんとなくイメージが合わないというかなんというか。でもその後、ガンガン流れているテレビCMを見ると、そのデザインがすっかり様変わりしているのが分かりました。なるほど…イメージチェンジするために、これほど大胆に思い切った方向転換をしたのね。そのためのロドリゲス選手の起用だったのかー。と、納得しました。

吉田由美コラム トヨタ シエンタ 001「シエンタ」は、2003年にデビューして、今回は12年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となります。大胆すぎるほどのイメージチェンジですが、なんといってもエクステリアデザインがすごい。

フロントライト脇から下方向にナマズの髭のように入るラインで、しかも下の方をぐるりと囲む感じ。そのラインは、バックスタイルも同様で、リアのライトからも下方向をぐるりと囲んでいます。この感じ、私は「スポーツシューズみたい」と思いましたが、トヨタ曰く「トレッキングシューズをイメージした」とのこと。どちらにしても、スポーティなイメージということですね。

そしてボディカラーも大胆なです。全9色でイメージカラーは「エアーイエロー」。個人的にはこの色、好き。でも珍しいのは「グリーンマイカメタリック」で、あまりクルマのボディカラーでは見かけない濃いめのグリーン。また、「フレックス・トーン」という、シエンタのデザインをさらに強調するため、アクセントをつけることもできます。こちらは、アクセントカラーに茶色とブルーが選べたりするんですね。

吉田由美コラム トヨタ シエンタ 004
フロントやリヤのアクセントラインも個性的。このグリーンマイカメタリックが気になる気になる…

どちらにしても、すっかり変わってしまった新型シエンタ。夏休みでイメチェンしちゃったあの子にドキ?みたいな(笑)。そうそうイマドキのクルマらしくパワーユニットも、ガソリンエンジンとハイブリッドモデルがあるし、いろいろと変わったシエンタにドキドキの夏なんです。

吉田由美コラム トヨタ シエンタ 003

吉田由美コラム バックナンバー
トヨタ関連情報
トヨタ・シエンタ関連情報

トヨタ公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る