誕生から30周年を迎えたドライブゲームのパイオニア『アウトラン』 不朽の名作にして、いまだに進化を続ける魅力の秘密とは?

『アウトラン』(Out Run)の名前を聞いて、昔ゲーセンにあった体感ゲームを思い出す人は、おそらく40代以上の世代でしょう。1986年にセガがアーケードゲームとして登場させた『アウトラン』は、ステアリング操作に合わせて大型の筐体が左右に動いたり、クラッシュ時に振動したりする画期的なアクションで瞬く間に大人気に。かくいう筆者も当時『アウトラン』中毒になっていて、学校帰りに毎日のようにゲーセン通いをして走りまくっていました。<レポート:北沢剛司/Koji Kitazawa>

RELATED ARTICLE

クルマと過ごす日々vol.83
クルマと過ごす日々vol.82
クルマと過ごす日々vol.81
クルマと過ごす日々vol.80
クルマと過ごす日々vol.79
クルマと過ごす日々vol.78

RECOMMENDED ARTICLE


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る