Automobile Study

フィアットグループが実現した圧倒的技術革新 マルチエア・エンジンを開発

フィアットグループのFPT(フィアット・パワートレーン・テクノロジー社)が、世界的に見ても圧倒的に革新的なエンジンを開発した。それは、最初にアルファロメオ MiToに搭載され日本では2010年3月に発...

スバル・インプレッサWRX-STIに待望の4ドアボディ追加を考察 松田秀士動画レポート付

  7月1日、インプレッサWRX-STIシリーズがマイナーチェンジされ、ついに4ドアセダン・モデルが追加された。年改記号は「C」となる。 (さらに…)...

ぶつからないクルマ、レガシィ「アイサイトver2」の全貌 松田秀士動画レーポート

アイサイトver2は、ステレオカメラをフロントガラスの最上部、バックミラーの両側に2個のカメラを配置し、これは従来と同じだが、カメラユニットとECUは一体化され、ver1よりコンパクトにまとめられてい...

グローバル戦略車 新型日産マーチを考察

7月13日、日産の新型マーチ(K13型)が発売された。このモデルは4代目にあたるが、様々な意味で画期的なクルマといえる。3代目はルノーとの初の共同開発プロジェクトであったが、今回はルノーと共同しながら...

リーンバーンの実現 世紀のBMWテクノロジー

  5月に発表された、BMWのエンジンが大幅に燃費改善をし、新たなテクノロジーも投入してきたニュースがある。キーとなる技術はバルブトロニック+直噴+ターボ過給というユニットがハイライトになる...

【BMW】BMW最新のテクノロジー その2

前回は主にエンジン本体とターボユニットについて探求してみたが、今回は補器類まで範囲を広げてBMWの魅力に迫ってみたい。 (さらに…)...

BMW最新のエンジンテクノロジー その1

BMW Mobility of the Future - Innovation Days in Japan 2010と銘打たれたフォーラムが開かれた。 (さらに…)...

VW 1.2 TSIエンジン探求

3月にゴルフTSIトレンドラインが追加発売され、1.2LのTSIエンジンが採用されたが、このほどポロにも1.2TSIエンジンが採用され、昨年来暫定的に搭載されていた1.4Lエンジンは姿を消した。 この...

リチウムイオン電池の概況

三菱i-MiEV、スバル・ステラPEV、プリウス・プラグイン・ハイブリッドのリースが開始され、その後i-MiEVの一般発売開始、さらに今年末からの日産リーフが発売される。しかもリーフは追浜工場で年間5...

プリウスのブレーキ問題

[caption id="attachment_122" align="aligncenter" width="300"] プリウス 30型[/caption] 今日、現行型のプリウスのオーナーと話を...
スポーツクーペ

【日産】プレミアムセダンを目指すスカイラインGT再生計画

マニアック評価vol1 V36型スカイラインに乗る機会があった。最近マイナーチェンジを受け、4WDモデル以外の全機種に7速ATが採用された。エンジンはV6・2.5Lと連続可変バルブリフト(スロットルバ...
CR-Z外観写真

ホンダ CR-Z 雑感

ホンダハイブリッド・スポーツカーと銘打ったCR-Zが発表された。 ボディサイズは全長4080mm、全幅1740mm、全高1395mmで、ホイールベースは2435mm。車両重量はMTで1130kg、CV...

RECOMMENDED ARTICLE


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る