フィアットのさらなる先端技術は、ツインエア2気筒エンジン

フィアット・パワートレーン・テクノロジー社(FPT)が開発した、最新技術であるマルチエア・テクノロジーを採用した第2弾が「ツインエア」エンジンである。このツインエア・エンジンは、2010年3月に開かれたジュネーブオートサロンでフィアット500(チンクェチェント)に搭載されて発表された。


ページのトップに戻る