横浜ゴムとゼンリンが地図を活用したタイヤ空気圧遠隔監視システムの実証実験

横浜ゴムはゼンリンとコラボレーションし、開発中のタイヤ内面貼り付け型タイヤセンサーを使用してタイヤ空気圧の遠隔監視システム(Tire air Pressure Remote access System=TPRS)の実証実験を開始したと発表した。この実験は日本全国で実施することになる。

この実証実験は、横浜ゴムが開発中のタイヤセンサーとアルプスアルパインが開発した車載器をゼンリンの協力のもと、実証実験用の車両に取り付け、タイヤ内面貼り付け型センサーの市場耐久性の確認、車両に搭載する車載器によるタイヤ空気圧の遠隔監視システム(Tire air Pressure Remote access System=TPRS)の検証・構築を行なう。

また、空気圧情報とGPS情報による位置情報をゼンリンが持つ豊富な地図情報との連携により、新たな付加価値を提案するタイヤビジネスの実現を目指すとしている。

「TPRS」はタイヤの空気圧や温度、車両の位置情報をリアルタイムでリモート監視することができるシステムで、タイヤメンテナンスの大幅な省力化に加え、点検のバラツキ防止、異常検知による事故防止、適正な空気圧維持による燃費向上などに貢献し、検知データはリアルタイムでクラウドサーバーに保存するシステムとなっている。

今後予想されるCASE、MaaSなど自動車業界の変革に対し、タイヤメンテナンスの省力化や精度の高いタイヤ管理、効率的なメンテナンス計画など車両管理者にとっての有効性を探るとともに、安定的な安心・安全運行や燃費向上など車両保有者にとってのメリットを検証する。

また、ゼンリンはTPRSへ地図データを提供することで、複数の車両の空気圧状態と走行履歴を車両管理者が一括確認できるサービスに貢献し、安全・安心な車両管理に貢献する地図ソリューションの検討を進めていくとしている。

横浜ゴム 関連記事
横浜ゴム 公式サイト

ゼンリン 関連記事
ゼンリン 公式サイト


ページのトップに戻る