横浜ゴムがスーパーフォーミュラでサステナブルなタイヤを供給へ

横浜ゴムは2022年12月13日、2023年シーズンから「全日本スーパーフォーミュラ選手権(スーパーフォーミュラ)」にサステナブル素材を活用したアドバン・レーシングタイヤをワンメイクのコントロールタイヤとして供給すると発表した。ドライ用はすでに開発が完了し、ウェット用も2023年からの供給を目指し開発を継続しているという。

供給するドライ用タイヤは天然ゴム、アブラヤシの実やオレンジの皮から生成したオイルなど各種の自然由来の配合剤を活用するとともに、リサイクル鉄や廃タイヤから再生したリサイクルゴム、さらにマスバランス方式の合成ゴムを採用することで原材料全体の約33%をサステナブル素材としながら、2022年の現行タイヤと同等の性能を維持している。

マスバランス方式とは、原料から商品への加工・流通工程において、使用したバイオマス由来の原料と同じ重量だけ商品へバイオマス由来という特性を割り当てることができる手法。バイオマス由来の原料を割り当てられた商品については、実際のバイオマス由来原料の含有量とは関係なく、バイオマス由来商品としてみなされる。

横浜ゴムはレーシングタイヤとしての走行性能を損なわずにサステナブル素材を採用していくことを目標とし、2022年シーズンのスーパーフォーミュラ各大会の前後に設定された次期フォーミュラカーの開発に合わせてタイヤテストを実施してきた。2023年以降もさらなるサステナブル原料比率の引き上げに向け、タイヤ開発を継続していくとしている。

横浜ゴム 関連記事
横浜ゴム 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る